愛知県の美術館・博物館 展覧会 イベント

小学校の頃、ごんぎつねの本を読みました。その本の作者の新美南吉の記念館に行ってみました。建物は地下に作られていて、外からは屋根ぐらいしか見えません。展示室には、新美南吉の手紙や日記が有り、新美南吉の一生涯が分かりやすく紹介されていました。あちこちに、新美南吉が書いた代表作のジオラマが作られていて細かいところまで作って有り、見てて楽しかったです。ビデオを見られる場所も有り、新美南吉の書いた作品が見れる様にもなっていました。途中にお茶が出来る所が有り、お茶を飲みお茶菓子を食べながら休憩が出来ました。新美南吉の本の、手袋を買いにに出てくる帽子屋さんの入り口が実物大で作られていました。こんな感じのお店で手袋を買おうとしたのかなーと思いにふけました。図書室には新美南吉の本が沢山置いて有り、ごんぎつねを読み懐かしかったです。新美南吉の事、書いた本の事、しっかり理解出来る記念館でした。
By クリスマスツリー (40代女性) 掲載2016/4