名古屋ボストン美術館 展覧会 イベント

旅行でヨーロッパに訪れた際に一番楽しみであり、実際に行って感動したのがヴェネチアの町でした。歩くだけでウキウキ、ワクワクするその街並みの素晴らしさに心奪われ、もう一度訪れたい町の一つです。あの小さな島でどのように芸術が発展していったのか…いい機会だと思い、今回名古屋ボストン美術館でヴェネチア展を見に行くことにしました。友人を誘って訪れるにあたって「楽しいかな?」という不安もありましたが…旅行の時の情景を思い出しながら、またヴェネチアの歴史や思想にも触れることができ、とても充実した時間を過ごすことができました。私が訪れた時には「カーニバルウィーク」として、ベネチアのカーニバルをイメージした衣装を着て写真を撮ることができたり、仮面の形に切り取られた画用紙にオリジナルの仮面をデザインして作れるコーナーもあり、大人も子供も楽しめるイベントだなと感じました。
By Jasmine (20代女性) 2016/2掲載


ヴェネツィア展 名古屋ボストン美術館関連ページ

俺たちの国芳 わたしの国貞 (名古屋ボストン美術館)
歌川国芳と国貞を取り上げた展覧会です。近年、国芳は特に若い人にも人気が出て、こういった日本画の展覧会には珍しく、観覧する人の平均年齢が若いなあと
名古屋ボストン美術館での体験 感想 alice 20代 女性
愛知県の名古屋ボストン美術館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と個人的な体験談と感想
ベネチア展(名古屋ボストン美術館)
ェネチアを拠点とした画家の絵画、旅でヴェネチアを訪れた画家の絵画、ヴェネチアを舞台にした版画の順に作品が飾られいた。拠点画家の絵はベネチア本島の地図や大きさがわかるような絵や宗教画、肖像画が多く
吉田博と巡る全国名所の旅in名古屋ボストン美術館 (名古屋ボストン美術館)
展示では、序章から第5章までのテーマで彼の木版画が紹介されている。中でも私が特に気に入ったのが第3章の水の画家での木版画で