愛知県美術館 展覧会 イベント

シャガール展

もっとも印象に残っているのは、入って一番初めにある、「パリオペラ座の天井画」でした。スケッチが、一番はじめのものから天井画にする直前のものまで、サイズもはじめは小さく、最後には壁一面の大きさになり、変化を楽しむことができました。パリオペラ座は行ったことはありますが、天井画を間近で見ることはできなかったので、「このような絵が描いてあるのか!」とはじめて知ることができました。いろいろなオペラの絵が描かれていますが、それについてもはじめて知ることができました。
メル20代女性


シャガール展関連ページ

ピカソってちゃんとした絵も描くんだ? 展覧会「ピカソ、天才の秘密」愛知県美術館
「青の時代」と呼ばれる時期に描かれた作品を見て、キュビズムにはないデッサンの正確さと上品な神秘性に感動したのを思い出す。今回の展覧会「ピカソ、天才の秘密」では、キュビズム以前の「青の時代」と「バラ色の時代」の作品が
ピカソ、天才の秘密 (愛知県美術館)
ピカソといえば、キュビスムと呼ばれる不思議な絵を描いた画家、というイメージがありましたが、この展覧会を観て、少しそのイメージが変わりました
ピカソ、天才の秘密 愛知県美術館
天才の若いころの絵を集めたということで、子供も興味を持っていますので、やっとおとなしく絵画が見られるようになった子供にも本物の絵画の持つ迫力を見せてやれれば、
ゴッホとゴーギャン展 (愛知県美術館)
ゴッホとゴーギャンの2人に焦点を当てた日本で初めての展覧会です。彼らは友好関係を築き南仏アルルで2カ月程共同生活を送っていました。そんな2人の関係性、芸術性に焦点を
ピカソ、天才の秘密(愛知県美術館)
「ピカソって、顔がぐちゃぐちゃの絵を描く人?」というレベルでした。実際に絵を見て驚いたのは、当初は極めて写実的で繊細な画風だったという点で
ゴッホとゴーギャン展への期待と、混雑具合の心配 (愛知県立美術館)
東京が終わり、愛知に巡回したようで、前々から気になっていました。以前、同じく愛知県立美術館でゴッホ展があり、鑑賞に行き
愛知県美術館で開催中のゴッホとゴーギャン展 (愛知県美術館)
「ゴッホとゴーギャン展」を観に行ってきました。いつも音声ガイドがあれば必ず使うのですが、今回はこの音声ガイドがとても
ゴッホとゴーギャン展で偉大な二人の画家の人生を見る (愛知県美術館)
印象派後の同じ時期に活動していた画家の作品展で、ともに日本でも人気の高い事もあり平日の、会期の半ばという中途半端な時期であったのにも関わらず大勢の人が見
フィンランド・デザイン展 フィンランド独立100周年 (愛知県立美術館 愛知県名古屋市)
フィンランド・デザイン展では主に1800年〜1900年代にかけてフィンランドで生産・デザインされた様々な家内家具、工芸品に触れられます。ケシの花で有名なマリメッコやイッタラといった著名な