南極観測船ふじ

南極探索で実際に使った船をそのまま博物館として利用した所です。同じ敷地内にある名古屋港水族館との共通のチケットを購入し、行きました。展示は、船内の部屋の1室1室を見ていく形です。たいてい戸が閉められており、ガラス窓からのぞけます。部屋には船員の格好をしたマネキンが置いてあり、船員達の部屋での様子や、調理場や医務室の様子がわかって面白いです。床屋もあって、驚きました。どこかへつながる秘密の階段みたいな所は立入禁止で残念でしたが、操縦室には入れました。舵は固定されています。他に、探索に使われた重力センサーやスノーモービル、観測方法等を展示したフロアーもあります。平日でしたが、水族館はかなり人がいたのに対し、こちらは、ご夫婦やカップルの方やお一人の方が複数組くらい。けれど、船の通路は、二人くらいが並んで歩くのがやっとというくらいの狭さなので、多少譲り合いが必要です。見ている途中にトイレに行きたくなった場合は、船内に鑑賞者が使えるトイレがあります。ただ、数がないので、水族館他、近くにある他の施設で行っておいた方がきれいで、待たなくていいです。
ぺんぎん (30代女性) NOV 2016


南極を旅した船 (南極観測船ふじ)関連ページ

水族館ほどの人はいませんでしたが 南極観測船ふじ
大抵、戸が閉められており、ガラス窓からのぞけます。部屋には船員の格好をしたマネキンが置いてあり、船員達の部屋での様子や、調理場や医務室の様子がわかって面白く