名古屋市美術館

以前、レンブラント展に行きました。細かい白黒の版画がたくさん飾ってあり、その1枚1枚すべてに光と影が意識されていて、緻密で見応えがありました。教科書で名前は知っているものの、作品を直接見たことはなかったのですが、鮮やかな色彩の絵画もあり、そういうものも描くというのが驚きでした。私のように、この機会に見に行こうとする人が多かったためか、午前中でもチケット売り場は結構並んでいました。別の、「大エルミタージュ美術館展」に行ったときも、10分以上は待ったので、毎回人気の美術館だと思います。チケットの窓口は外を向いているため、夏場は帽子等があるといいです。10月の中下旬くらいには、別所で名古屋まつりが開催されますが、開催中の日曜日の1日のみ、美術館の入場料が無料になる場合がほとんどです。無料開放施設の本決定は、例年、名古屋まつりのサイトを見ている限りでは、10月に入ってからですが、美術館が建つ同じ公園内にある名古屋市科学館も無料になる可能性があり、両方楽しめます。
レンブラントファン (30代女性) NOV 2016


「レンブラント?光の探求/闇の誘惑」展 (名古屋市美術館)関連ページ

現代美術のハードコアは実は世界の宝である展 ヤゲオ財団コレクションより
現代美術のハードコアは実は世界の宝である展 ヤゲオ財団コレクションより 愛知県の名古屋市美術館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と個人的な体験談と感想
あいちトリエンナーレ2016「虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅」 (名古屋市美術館)
「あいちトリエンナーレ」という現代アート展が開催されていて、3年に一度だけなので、貴重なのでぜひ見に行きたいです。3年前の時は、