名古屋市美術館

今、1番行きたい場所です!「あいちトリエンナーレ」という現代アート展が開催されていて、3年に一度だけなので、貴重なのでぜひ見に行きたいです。3年前の時は、広いスペースを使った、人が入って行ける作品等があって、面白かったです。こういう大きな作品がこの美術館で見られること自体が珍しいので、楽しみです。この美術館は、名古屋駅から一駅の、伏見駅を出て少し歩いた先の公園内に建っているのですが、先日、伏見駅近くに行ったら、3年前に駅を青色に塗って作られた作品がまだ残っていました。主要出口とは違った場所にありますが、いつでも見れます。ランチは、その青色の駅地下がオススメです。「揺れる大地」というテーマの作品ですが、見るだけじゃなく、ゆっくり座って地下に響く音を聞くのが大事だなと感じました! お弁当の場合は、シートがあるといいです。公園内に、ベンチがありますが、近くにオフィスが多く平日は会社員さんが、土日は色々な人が来るので座われない場合もあり、花壇とかの、縁が広めになっている所に座ることになります。
名古屋っ子 (20代女性) NOV 2016


あいちトリエンナーレ2016「虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅」 (名古屋市美術館)関連ページ

現代美術のハードコアは実は世界の宝である展 ヤゲオ財団コレクションより
現代美術のハードコアは実は世界の宝である展 ヤゲオ財団コレクションより 愛知県の名古屋市美術館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と個人的な体験談と感想
「レンブラント?光の探求/闇の誘惑」展 (名古屋市美術館)
細かい白黒の版画がたくさん飾ってあり、その1枚1枚すべてに光と影が意識されていて、緻密で見応えがありました。教科書で名前は