徳川美術館

徳川美術館の尾張徳川家の雛まつりは、毎年2月初旬ー4月初旬まで開催しており、私はこの行事に行くと、春のおとずれを感じさせられ華やかな気分になれるので、定期的に行っています。館内には本当にたくさんの雛人形や雛道具が飾られており、特に大きな雛壇飾りには現在では飾らないようなお人形や雛道具が飾られており、なぜ飾られていたのかと自然と興味が湧きます。また隙間なくぎっしり飾られているので、迫力もあり、面白いです。また、館内でのお食事処である宝善亭では、お昼の部に雛まつり期間限定の雛御膳をいただく事ができ、春の料理を楽しむ事ができるので、私はそれもいつも楽しみにしています。雛まつりは日本らしい季節感をあじわえる素敵な行事だと思います。
Byムック(30代女性)
公開:2015/5


尾張徳川家の雛まつり 徳川美術館関連ページ

尾張徳川家の雛まつり (徳川美術館)
きらびやかで華やかな雛飾りは春の訪れに拝見するにはうってつけでしょう。特に、明治・大正・昭和の雛段飾りが並んだ姿はきっと圧倒される迫力
やまと絵うるわし (徳川美術館)
徳川美術館の企画展、『やまと絵うるわし』を見に行きました。源氏物語絵巻をはじめとし、絵や文字は所々薄れ見えなくなっているところがありましたが、それによりいっそうよい味を
尾張徳川家の雛まつり (徳川美術館)
毎年開催されていますが、だいぶ経ってから、もう一度行ってみました。大階段の雛人形に圧倒されましたし
Satoko観覧記
慣用句で「花を添える」という事がありますが、正に本物の花が添えてありました。そして、あくまでも添えてあるというポジションなので、展示品よりも自己主張していることはありません
2018年1月の展示より大名の雅―奥道具 徳川美術館
第五展示室は香に焦点が当てられていました。香道の道具一式は何度か見たことがあるのですが、大きな香木から香木片を掘り出すためのノミ一式もきちんと揃えられていて、何より驚いたのが、