徳川美術館

昔、 両親と一緒に雛まつり展を見に行ったことがあります。毎年開催されていますが、だいぶ経ってから、もう一度行ってみました。大階段の雛人形に圧倒されましたし、道具に描かれた植物の模様の細かさが際立っていました。前と展示が変わったような気がしますが、定かではありません。襖や天井等、徳川時代の部屋の一部を再現した展示スペースもあります。昼前くらいに、常設展を見ていたら、学芸員の方が解説つきで案内をしてくれるということで、皆に声をかけていました。館内が広く、途中の通路からは、庭が見え風情があります。外は、桜がちょうど咲き始めの季節で、美術館の前の広場に連なって咲いていてきれいでした。縦に枝が伸びているので桜ではなかったかも知れませんが、隠れた名所だと思いました。和装の結婚衣装を来て、記念撮影をしている人もいましたよ。
まったり (30代女性) NOV 2016


尾張徳川家の雛まつり (徳川美術館)関連ページ

尾張徳川家の雛まつり 徳川美術館
私はこの行事に行くと、春のおとずれを感じさせられ華やかな気分になれるので、定期的に行っています。館内には本当にたくさんの雛人形や雛道具が飾られ 愛知県の徳川美術館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と個人的な体験談と感想
尾張徳川家の雛まつり (徳川美術館)
きらびやかで華やかな雛飾りは春の訪れに拝見するにはうってつけでしょう。特に、明治・大正・昭和の雛段飾りが並んだ姿はきっと圧倒される迫力
やまと絵うるわし (徳川美術館)
徳川美術館の企画展、『やまと絵うるわし』を見に行きました。源氏物語絵巻をはじめとし、絵や文字は所々薄れ見えなくなっているところがありましたが、それによりいっそうよい味を
Satoko観覧記
慣用句で「花を添える」という事がありますが、正に本物の花が添えてありました。そして、あくまでも添えてあるというポジションなので、展示品よりも自己主張していることはありません
2018年1月の展示より大名の雅―奥道具 徳川美術館
第五展示室は香に焦点が当てられていました。香道の道具一式は何度か見たことがあるのですが、大きな香木から香木片を掘り出すためのノミ一式もきちんと揃えられていて、何より驚いたのが、