美術館・博物館・展覧会

芸術とは何か。
いろんな意見が出てくることだろう。
この話は、芸術という言葉をどう定義するのかということでもあって、なんでも好きなように、自分にとっての「芸術」とはこうであると言ってしまえる問題だ。いろんな話があっていいとは思う。

 

しかし、俺は、いくつかのことを芸術は守って欲しいと思っている。俺にとっては、どんな立派な見事な理屈がついていても、これを守っていないものは、芸術とは認めたくない。
偉そうな言い方だが、まあそんな無茶を言うつもりはない。

 

単純なことだ。

 

芸術は人間あるいは人類の幸せに寄与してほしい。人を不幸にすることを目的にした創作物なり成果物なりは、芸術ではない。芸術は人の心を豊かにし、幸せにするものであってほしい。

 

このカテゴリーの記事は、俺の芸術、美術との出会いや、今の考えなどを、書き綴っていったものだ。一度のまとめ切れるほどの文才もないので、細切れの寄せ集めのようなものになるかもしれないのだが、それはそれでご容赦願いたい。


-------------------------------------------

美しいものを求めて 芸術の使命記事一覧

管理人は、30代の前半まで、古美術も骨董も、仏教美術も茶道美術も、全く興味、嗜好の対象外だった。商業主義のツールになった「芸術」とやらは、踊らされたひとりとして、よしあし、好き嫌いもわからず見にいったことがある程度だ。しかし行っても見ること自体は退屈な時間だし、待ち時間や混雑で、あまり喜んでいくわけでもなかった。

管理人の職業、メシの種は、システムエンジニアリング、プログラミングといったITという業界の仕事だ。生涯振りかえって、成人してからこの年まで、コーディング、設計、保守、運用、チームリーダー、プロジェクトマネジメントと、長い経験の中でタスクそのものは変わってきたけれども、結局、それで暮らしてきたように思う。いい悪いもない。良かった時期もあるがひどい目にもあったw が、結局、好きだからやれた・・・という...

古美術や骨董なんて、根本は勉強するようなものじゃないのかもしれない。好きか嫌いか、心に響くか響かないか、最後はそこになるような気がするのだが、それでも少しの努力は必要かもしれない。美術館の学芸員さんに読めと言われたのが、和辻哲郎だった。今にして思えば、かなり偏った、こだわりのある学芸さんだったと思う。分野が茶道美術、仏教美術を専門にしていこうとしている人だからすごいことになった。和辻哲郎の古寺巡礼...