松山市立子規記念博物館

元気な姿の正岡子規

東京で終焉の地、子規庵を見たのだから、生誕地にも是非行ってみたいという事で訪れた子規博という愛称で親しまれている、子規記念博物館。市電の道後温泉駅から歩く道すがら、博物館の少し手前の広場に爽やかな野球青年姿の子規像が立っています。これで、終焉の地から遡っている身としては、博物館に入る前に、これから見る正岡子規は元気な姿の正岡子規で、雪の深さを訪ねたりしないのだと、まず病床の子規という先入観を切り離されます。ここに来るまでは正岡子規=病床の俳人、脊椎カリエスという強烈なイメージがまず先に出てきてしまっていたので、この元気はつらつとした青年子規の像は、これから博物館で誕生からその人生を追って見ていくのには大事な像だったと思います。

 

 

子規を培った土壌

この博物館は、子規記念博物館と銘打っているだけあって展示品の9割近くが子規に直接関連する物が占めている。ではその他は何なのか?それは子規が生まれ育った松山がどんな由来を持ち成り立ったかという説明の資料です。いわば子規の無意識下にある基盤はどんなものなのか知ることができます。まず四国全体が四県それぞれに一柱ずつの古代の神に由来し、「愛媛」だけはその名前が今でも残っています。また万葉集にも読まれている事から、からすでに温泉地として海を挟んだ土地まで名前が知れ渡っていたという事がわかります。額田王、山部赤人、軽大郎女等、名だたる歌人が歌を残しており、もしかしたら子規少年もこれらの歌に触れていたのではないでしょうか。大人になっては行くと言う限られた言葉数で無限に表現する手法を取ったその根源を垣間見たような気がしました。

 

 

子規の子供時代

幼少期の正岡子規に関する展示というのは生誕地だからこそできるものだと思います。写真は現物がある物もあり、よく見る子規の写真が思いのほか小さい物(撮影当時は標準かもしれませんが)だと驚かされました。もしろん子供の頃の写真もありました。子規7歳(1874年)の学校の集合写真に写る子規は頭に髷を結っていました。明治期になり髷は落とすのがポピュラーだったとは思うのですが、髪形も伝播する物なのか、それでも松山とは言え西の文化の中心には近いので首を傾げていた所、父親が松山藩に仕えていた武士で武家家系だったと言うのを知り、納得が行きました。また、山ほどある雅号の中で、正岡子規で定着しているのは、正岡常規と言う本名から一文字とっているからかしらと思う反面、野球姿の子規は「子規」ではなく、某著書のせいか「のぼさん」の方がなんとなくしっくりくるような気もしました。

 

青年時代の子規

幼少期から青年期の展示物(主に学校関連の物)を見ていて思ったのは、正岡子規がとても勤勉で利発だったという事。そして晩年までその筆は衰えを知らないのですが、絵を描くのがこの時分から達者だったという事。当時の流行は漢詩だったようですが、自分の言葉で自分の思うところ感じるところを描く基礎のようなものは、東京へ出てくる以前に既に才能として開花していたように思います。大学で知り合った友人、後の夏目漱石が、彼の文才に驚いたそうですが、さもありなんと頷けます。そして、もし、この出会いがなければ子規はジャーナリスト・歌人として名を残したかもしれませんが、「夏目漱石」は存在していなかったのではないかとすら思えます。

 

俳人子規として

子規がたくさんの雅号を持っていた事は知っていましたが、「子規」の他に何があるのかというのは具体的には知りませんでしたが、それがずらりと紹介されているコーナーがありました。その中に野球(これでのぼーると読む)や漱石等、馴染みのある物もありました。そして、何よりすごかったのが、俳句の研究です。過去の俳人たちの系譜・師弟関係の家系図のように長い一覧にしていたり、季語による俳句のジャンル分けなど、気の遠くなる量の今では資料になるような研究をしていて、俳句を詠むだけでなく、俳句に関する研究にいかに没頭していたのかというのが一目でわかりました。野球や食べ物もそうですが、好きな物に対して掛ける情熱というのが伝わってきました。

 

By Satoko 2018


-------------------------------------------

子規庵を見たのだから  子規記念博物館関連ページ

正岡子規の生涯と作品
愛媛県の松山市立子規記念博物館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と個人的な体験談と感想