福岡市美術館 展覧会 イベント

北欧流行りの今、私も母も叔母も北欧雑貨が大好きなので3人で行きました。平日だったのでそれほど混雑しておらず、ゆっくりと過ごす事ができました。日本でも人気のあるフィンランドのデザイナー達の歴史や作品を充分に楽しむ事ができ会場横にはそれらの雑貨も販売していましたので買い物もできました。若い人達にも人気のマリメッコのデザイナー、マイヤイソラさんの生い立ちや実際の作品も沢山展示されていて、中には持っている物もあったので更にうれしくなりました。あとイッタラのデザイナーであるカイ・フランクの食器、クリスタルなど目を引くものばかりでした。エーロ・アールニオというデザイナーは知りませんでしたが主に椅子を手掛けていて実際に座る事ができ中でも「ボールチェアー」という球状の中に空洞がある椅子に座ると子供の時の秘密基地のようで床を足で蹴って回ったりして年甲斐もなくはしゃいでしまいました。堅苦しくなくどれも興味ある物ばかりだったのでじっくりと楽しめて又、私は50代、母は80代ですが若い人も沢山いて年齢幅広く人気がある北欧の一部を垣間見れた気分でした。
サラバンド (50代女性) 2017/3掲載


フィンランド独立100周年記念会 フィンランド・デザイン展 (福岡市美術館)関連ページ

ゴジラ展―大怪獣、創造の軌跡 (福岡市美術館)
やっぱり中高年が多いのかと思っていたのですが、思ったよりも自分と同年代の若い人間や親子連れの姿などもチラホラ見かけたので少し嬉しい気持ちになり
ゴジラ展 (福岡市美術館)
中に入るとゴジラの年代ごとに上映された映画のパネルや、説明の記載されたパネルが並んでいて、1メートル幅くらいの通路の壁にずらっとならんで
福岡市美術館での体験 感想 KOKAGE 50代 女性
福岡市美術館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験
藤田美術館の至宝 国宝曜変天目茶碗と日本の美 福岡市美術館
今回の曜変天目茶碗はまた格別でした。陶芸教室でいろんな焼き物の話をする中でもこの国宝については度々話題にのぼり、一度は見てみたいと以前から思っていました。
印籠に感化された (福岡市美術館)
取引先である薬局のお客様に創業記念としてなにかを作りたいというアバウトな依頼を受けました。全くアイデアの浮かばない私は、ふと美術館を訪れたところ、
魔女の秘密展 (福岡市博物館)
福岡市博物館で予定されている《魔女の秘密展》は、テーマが、5つに分かれていて、魔女と云われる由縁や・魔女と呼ばれた女性たち・その女性たちの、
福岡市美術館の「夜の通り」 (福岡市美術館)
ベルギーの画家ポール・デルヴォーの「夜の通り」です。 細い月の浮かぶ夜、長いスカートのみをまとった美しい貴婦人たちが