福岡市博物館

もともと歴史(特に古代)に興味がありましたので、福岡に引越してきてまず、国宝の金印「漢委奴国王」をぜひ見たいと思い行きました。展示室に入るといきなり金印はありました。細長いガラスの柱の中に展示されていて、照明は金印にだけ当たるようになっており、直接触れることはできなくてもガラスに張り付いて四方からじっくり鑑賞できます。またそれに続く他の展示も、古くからアジアへの玄関口であったという歴史から、現代でも行われている祭りに代表される文化に至るまでを、歴史的展示物だけでなくジオラマや実物大の商店の再現などを使って非常に分かりやすく展示されており、これから福岡に住むにあたって知っておくべきことを効率よく学べたと思いました。個人的には「博多」と「福岡」の地名がイコールなのかどうなのかが以前から疑問に思っていたのですが、それは別であるということがよくわかり、モヤモヤしていた疑問が解消されました。これだけ充実した展示で200円は非常にお得だと思います。観光客にもお勧めです。
By がじゅまる (40代女性) 2015/6掲載


福岡市博物館の常設展示関連ページ

福岡市博物館、魔女の秘密展 "魔女とは誰だったのか?"開催のお知らせ (福岡市博物館)
福岡市博物館の展覧会、イベント、交通アクセス、不思議な魔女の世界と楽しい講演会 開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験
アール・ヌーヴォーのガラス (福岡市博物館)
ドイツの実業家であるゲルダ・ケプフ夫人がデュッセルドルフ美術館に寄贈されたアール・ヌーヴォー期のガラスコレクションで
福岡に来たからには、是非にと見に行ってきました (福岡市博物館)
目的は、「漢委奴国王印」です。存在を知ったのは日本史という授業が始まる以前、漫画日本の歴史の類を読んでだったと思います。そんなものがあるんだ、何だか格好いい、と
年明けから一ヶ月だけ展示される圧切長谷部(へしきりはせべ)を見に行ったこと (福岡市博物館)
毎年年明けから一ヶ月ほど展示される刀で、一昨年大河ドラマにもなった黒田官兵衛が持っていた刀です。去年も見に行ったのですが、