福岡市博物館

福岡市博物館では平成28年4月8日(金)〜5月29日(日) ※45日間(休館日:毎週月曜日)この期間中に特別展として魔女の秘密店を開催します。観覧料は【一般】 1,300円(1,100円) 【高大生】 900円(700円) 【小中生】 600円(400円) ※小学生未満は、入館無料(但し、保護者同伴) さらに気になる限定のチケットが「モグラの手のお守り」付前売りチケット:1,800円 ※セブン-イレブン(セブンチケット)にて販売・なくなり次第終了 「魔女の秘密展」スライドミラー付前売りチケット:1,500円
※ローソンチケットにて販売・なくなり次第終了ですが、展示の観覧だけではなくこの方たちの記念講演会も行われます。西村佑子(本展監修/ドイツ文学者)、井沢元彦(作家)、鏡リュウジ(本展スペシャルサポーター/占星術研究家)
この機会にぜひ不思議な魔女の世界と楽しい講演会に来てみませんか?
By きなこ (40代女性) 2016/4掲載


福岡市博物館、魔女の秘密展 "魔女とは誰だったのか?"開催のお知らせ (福岡市博物館)関連ページ

福岡市博物館の常設展示
国宝の金印「漢委奴国王」をぜひ見たいと思い行きました。展示室に入るといきなり金印はありました。細長いガラスの柱の中に展示されていて、照明は金印にだけ当たるようになっており 福岡市博物館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験
アール・ヌーヴォーのガラス (福岡市博物館)
ドイツの実業家であるゲルダ・ケプフ夫人がデュッセルドルフ美術館に寄贈されたアール・ヌーヴォー期のガラスコレクションで
福岡に来たからには、是非にと見に行ってきました (福岡市博物館)
目的は、「漢委奴国王印」です。存在を知ったのは日本史という授業が始まる以前、漫画日本の歴史の類を読んでだったと思います。そんなものがあるんだ、何だか格好いい、と
年明けから一ヶ月だけ展示される圧切長谷部(へしきりはせべ)を見に行ったこと (福岡市博物館)
毎年年明けから一ヶ月ほど展示される刀で、一昨年大河ドラマにもなった黒田官兵衛が持っていた刀です。去年も見に行ったのですが、