福岡市博物館

一月下旬に、福岡県福岡市にある福岡市博物館へ圧切長谷部を見に行ってきました。毎年年明けから一ヶ月ほど展示される刀で、一昨年大河ドラマにもなった黒田官兵衛が持っていた刀です。去年も見に行ったのですが、やっぱり見ないと今年が始まらないぞという事で、時間を作っていざ福岡市博物館へ!今年はDMMのオンラインゲーム、刀剣乱舞ともコラボしており、コラボ商品が売っていたりキャラクターパネルがあったりと小規模なお祭りのような賑わいで、去年は5〜10分程で展示室に入れたのに今年は30分〜40分と待ち時間も去年の倍以上。見に来ている人も、男性より若いお嬢さんが多かったです。しかし、料金は去年の250円から値を下げて200円となっていました。小さな金額ですがとても嬉しいです…。一年振りの圧切長谷部は、去年と変わらず優しい光を放っていました。隣には、森太兵衛が飲み取った天下三名槍の一振り、日本号も展示してありました。こちらも相変わらず綺麗でかっこいい!長居はできませんでしたが、とても有意義な時間を過ごさせてもらいました。そして、福岡銘菓の如水庵さんからどら焼き『日本号』が出ていると聞き、帰りに博多駅で購入。まだ食べておりませんがとても楽しみです。是非、熱いほうじ茶と共に頂きたいと思います。
ちびさん (20代女性)Feb 2017


年明けから一ヶ月だけ展示される圧切長谷部(へしきりはせべ)を見に行ったこと (福岡市博物館)関連ページ

福岡市博物館の常設展示
国宝の金印「漢委奴国王」をぜひ見たいと思い行きました。展示室に入るといきなり金印はありました。細長いガラスの柱の中に展示されていて、照明は金印にだけ当たるようになっており 福岡市博物館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験
福岡市博物館、魔女の秘密展 "魔女とは誰だったのか?"開催のお知らせ (福岡市博物館)
福岡市博物館の展覧会、イベント、交通アクセス、不思議な魔女の世界と楽しい講演会 開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験
アール・ヌーヴォーのガラス (福岡市博物館)
ドイツの実業家であるゲルダ・ケプフ夫人がデュッセルドルフ美術館に寄贈されたアール・ヌーヴォー期のガラスコレクションで
福岡に来たからには、是非にと見に行ってきました (福岡市博物館)
目的は、「漢委奴国王印」です。存在を知ったのは日本史という授業が始まる以前、漫画日本の歴史の類を読んでだったと思います。そんなものがあるんだ、何だか格好いい、と