野口英世記念館の口コミ・評判 30代女性

野口英世記念館の口コミ・評判 30代女性

こうめ30代女性3人以上
猪苗代町にある野口英世記念館。最初に訪れたのは小学生の時です。親に連れて行ってもらったのですが、「子供向けのまんが本の伝記を読んだから、名前は知ってるし、お医者さんが着る白衣みたいなの着ていた人な気がするけれど、何をした人なんだろう?」という程度の感覚でした。記念館の中には野口英世の年表や数々の業績が展示されていましたが、子どもの頃一番、関心を持ったのは、野口英世が実際過ごした家の中が再現されている「生家ゾーン」です。野口英世が細菌の研究者だとは知らなくても「子どもの頃、囲炉裏で左手に大やけどをして、不自由になったけれど、それでも頑張った人」ということは知っていました。その大やけどをした囲炉裏を実際に見たのがとても印象に残っています。年表等の展示場所は子供にはつまらなかったけれど、「生家ゾーン」は面白く思ったことを覚えています。絵で見てた「囲炉裏」というものがこういう物だと知ったのも、その時だったと思います。野口英世の業績は当時は理解できなかったけれど、その後、伝記を読むときは囲炉裏を想像できて実感がこもりました。


野口英世記念館の口コミ・評判 30代女性関連ページ

野口英世記念館の口コミ・評判 40代女性
福島県の野口英世記念館の展覧会、企画展、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想
千円札でお馴染み、野口英世に関する記念館へ (野口英世記念館)
小学校の授業で行ったきりだったのですが、大人になった今だと学びの目線が変わっているのではないかと考え、再度訪れました。中には野口英世の育った生家が