オホーツクとっかりセンター

東京とは1日1本しかない飛行機でつながっている北海道の紋別市に、あざらしと至近距離で触れ合える場所があります。このオホーツクトッカリセンターは本来はあざらしの保護と研究、飼育等を行う数少ない施設ですが、もっとアザラシを知ってもらおうと一般公開している水族館と展示館も兼ねているような施設です。
餌の時間になるとプールから出てくるアザラシたちを触れることもあり、寒い冬でもお客さんが絶えません。飼育係の方はあざらしの基本的な説明だけでなく個体個体の特徴と性格、面白い普段のエピソードも教えてくれます。この子はおっとりで混雑が嫌いだから最後にのんびりでてくる、この子は目立ちたがりですぐに台の上にのっかるとかあざらしに親しみがわくようなお話です。そして見るだけでなく触れたりもできます。個体によって顔つきが違って見えるのも面白いです。交通網は車でないと不便な場所ですが行ってよかったと思える場所です。
By けんたれもねーど30代女性
2015年4月掲載