苫小牧博物館

娘が小学生の時、「ナイトミュージアム」という映画を見ました。博物館の展示物が動くシーンは、とても引き込まれて見ていました。そんな娘にマンモスを見せたくて博物館へ。この博物館の正面入り口には、大きなマンモスがいます。「夜になったら動くかも?」普段はとてもクールな娘も、あまりの大きさにそばに近づこうとはしません。「まさか〜?」最近めっきり口数が減った娘と、会話が続きます。映画のシーンに重ねながら館内を見て歩きました。以外にも娘の興味を引いたのが土器の展示物。引き出しを自分で出す展示方法も面白かったのかしばらくその場で楽しんでいました。ラベルを見ずに開けた引き出しに昆虫が展示されていて飛びあっがって驚いた!ということもありましたが、あの映画が、近くにあってもなかなか行かない博物館に行くいいきっかけをくれました。
さくら (40代女性) NOV 2016


-------------------------------------------

娘と行った博物館(苫小牧博物館)関連ページ

水から未来を紡いで 20世紀美術の創造(苫小牧市美術博物館)
普段お目にかかることができない作品に出会えるというので、札幌から1時間、車を走らせて苫小牧へ行ってきました。今回の展示は、フランスの近代絵画を
CHANNEL(苫小牧市美術博物館)
中庭スペースに行くと展示されていたのが松井紫朗さんの作品「CHANNEL」です。同館の中庭スペースの空間を活用して、作品を紹介するシリーズ企画の一環だそうです。中庭に重たそうな銅製のパイプが水平垂直に連結され