札幌市資料館

札幌市資料館内のおおば比呂司記念室がリニューアルされてからまだ一度も訪れていなかったので、立ち寄ることにしました。札幌市資料館に入って左側に進むと、おおば比呂司さんの記念室があります。おおば比呂司さんという名前は知らなかったのですが、作品を見ているとなんだか温かくて可愛らしい印象がありました。札幌出身で札幌を愛したおおばさんと家族の願いにより、1995年に記念室が開設したそうです。展示のされている作品の中でも一番興味深かったのは、おおばさんがオランダに行かれた時の作品です。オランダでの食事のメニューも描かれていて、とっても美味しそうでした。食事のメニューだけなのに、私もオランダを旅しているという気分になってきました。おおばさんの絵には不思議とそんなことを感じさせてくれる力があると感じます。絶筆となった絵が残されているアトリエも再現されていました。このようなアトリエで可愛らしい絵が生まれていたのだと感じました。絵葉書やクリアファイルなど、おおばさんのグッズが売ってある場所もありました。今回は展示されていませんでしたが、「サケの旅」の絵がプリントされたクリアファイルも可愛かったです。札幌市資料館の中にあり、観光のついでにおおばさんの作品を見ることができるのは良い機会だと思います。入場料無料というのも嬉しいところです。また近くに来た時には、おおばさんの優しいタッチの絵を見に行こうと思いました。
By Hana JUN2017


-------------------------------------------