札幌芸術の森美術館

札幌芸術の森美術館

住所・所在地:005-0864北海道札幌市南区芸術の森2-75
電話番号:011-591-0090
開館時間:9:45〜17:00 6月〜8月は17:30
休館日:
 4月29日〜11月3日は無休
 (11月4日〜4月28日月曜日休館)月曜日が祝日の場合は翌日休館
料金:
 大人500円 高・大学生250円 小・中学生以下無料
駐車場:あり650台、普通車500円 大型車1200円
交通アクセス:
 車の場合 札幌中心部から約30分 
  札樽自動車道札幌西インターから約45分
  道央自動車道北広島インターから約40分
  支笏湖湖畔から約45分
 地下鉄真駒内駅から
  地下鉄「真駒内」駅の2番バスのりばから
   中央バスで「芸術の森入口」下車。
 いろいろな経路がありますのでHPを確認してくださいね!

 

興味マーク:☆:

 

札幌の中心地から少し離れた区域に位置するこちらの美術館は、芸術に関する複合施設「札幌芸術の森」の中にあって自然がとても豊か。森には清流が流れ、季節ごとの花々も楽しめるので散策するのに気持ちのいい場所です。館内では北海道出身やゆかりの作家が創作した近現代の作品を中心に展示を行っています。窓外に池や森の緑を眺めることができるカフェや、ビュッフェスタイルのレストランも併設しているので、のんびり過ごせること請け合いです。

 


札幌芸術の森美術館記事一覧

私は、有元利夫さんという名前を聞いたことがありませんでした。でも知り合いの方に、私が有元さんの作品が好きに違いないと教えていただき、半信半疑のまま美術館へ行ってくることにしました。どんな作品を残した方なのか、どんな作品に出会えるのか、期待が高まりました。会場に入って、有元さんの作品を見た瞬間に「これは私が好きな作品だ」と思わず、叫びたくなりました。独特の絵肌となんとも言えない構図が、とっても素敵で...

札幌芸術の森美術館に行って、スイスデザイン展を見ようと、観覧チケットを買おうとした時、受付の方に「この展覧会を見たあとは、ぜひ日本のも。工芸館ではなんと並んでいる商品全部買うことができるのですよ」と教えていただきました。そこで、スイスデザイン展を見た後、工芸館に立ち寄りました。大切にしたい日本の手しごと展が開催されていました。観覧料は無料でした。会場では、清水焼や有田焼、こけしなど日本の伝統工芸が...

スイスデザイン展のテレビCMを見ました。シンプルだけれど、何かが違うデザインを見ることができて、面白そうだと思いました。私自身、スイスデザインと聞いてもなんだかよく分からなかったのですが、展覧会を見て体験してみようと思いました。展覧会の割引券もいただいたので、天気が良い日に行ってきました。スウォッチなどの各ブランドやマックス・ビル、ル・コルビジエの作品などを見る事ができました。展示を見ていると、私...

国芳の展覧会を十分楽しんでから、コレクションの展示を観に行きました。版画や写真の作品が紹介されていました。特に印象に残ったのが、北岡史雄の「サイロのある農家」です。作品に描かれている雲が、緩やかに揺れているようで美しかったです。私自身、北海道に住んでいながらも、サイロのある風景を見たことがありませんでした。作品を通して、北海道の違った一面を知ることができました。無料で気軽にコレクション作品を観るこ...

国芳を観たいと思い、芸術の森美術館へ行ってきました。休日に行ったので、混んでいるのではないかと思いました。しかし時間帯が良かったのか、スムーズに観賞することができました。展示では、作品1つ1つに解説がついていたので、作品についてより深く知ることができました。とても勉強になりました。中でも面白かったのは、猫やスズメを擬人化した作品です。観ていて、思わずくすりと笑ってしまいました。ミュージアムショップ...

招待券をいただいたこともあり、「目で楽しむ音楽展」に行ってきました。音楽家や演奏者の姿の写真や、音楽を感じる美術作品が展示されていました。訪れた時に、偶然「ミュージアム・コンサート」が開催されていました。美術館の会場内でヴァイオリンとオルガンの美しい音色が響きわたっていました。その中で、写真や美術作品を見ると、まるで作品自体から音楽を奏でているように思えてきました。美術館で音楽を聴きながら作品を見...

札幌芸術の森美術館のコレクション作品から、静物画を展示しているもの。入口から近い展示室で行われていたので、ふらりと作品を観てみました。木田金次郎「リンゴ」や西村計雄「ゆり」などの作品が並んでいました。静物画という括りでも、作家さんによって色々な描き方があって興味深かったです。中でも、伏木田光夫「豆腐と油揚のある風景」が印象に残っています。展示を観た後、妙に油揚が食べたくなってしまいました。小さな展...

札幌芸術の森美術館も札幌国際芸術祭2014の会場になっています。ここでは、企画展示「都市と自然」を開催しています。美術館に入ろうとした時、丁度中庭で中谷芙美子さんの作品「FOGSCAPE#47412」を観ることができました。作品では、美術館の建物を霧が包んでいて、まるで雲海を見たような気分になりました。とても楽しい気分のまま、展示会場に入りました。砂澤ビッキさんや宮永愛子さん、カールステン・ニコラ...

7.5ヘクタールもある敷地に74点の彫刻作品が並んでいるのが、札幌芸術の森野外美術館です。自然の中にひょっこりと作品があり、散策しながら作品と対話できました。私は、ダニ・カラヴァンさんの作品「隠された庭への道」や福田繁雄さんの作品「椅子になって休もう」が印象的でした。野外美術館内には「佐藤忠良記念子どもアトリエ」もあります。野外美術館の観覧料で入館できるのでぜひ立ち寄ってほしいところ。のんびり作品...

4年ほど前になりますが、「スタジオジブリ・レイアウト展」に行ってきました。家族みんなジブリアニメのファンなので、どんなふうにアニメが製作されているのか興味津々でした。この時、初めて札幌芸術の森へ行ったのですが、まだ美術館の開館時間前に到着したので、美術館以外の施設で開いているところをまず回っていきました。そして、お目当てのレイアウト展が開催されている美術館へ向かい入場券を提示したところ、何やら「入...

私は先日、ディズニープリンセスとアナと雪の女王展に行ってきました。入場する際に、アナと雪の女王のポストカードのお土産がついてきました。中に入ると 大き画面にディズニーが写り、踊るシーンや魔法がかかるシーンなどが紹介されました。最初に展示されていたのは白雪姫でした。ディズニープリンセスの中で1番古い作品だと知りました。昔はCGなどがなかったので、実際に女優さんに演技をしていただいてそれを3人ほどの画...

何となく美術館で作品を見たいなと調べていた時に、この展覧会のチラシを見ました。子どもを背負った女性の内に秘めた力強さや子供の愛らしい顔の作品がチラシに紹介されていました。ぜひ本物の作品を見てみたいと思い、美術館へ向かいました。今回の展覧会は、旭川を拠点に「熊彫り」を生業としていた父親のもとで木彫制作を始めた藤戸竹喜さんの初期の作品から、等身大人物像など約110点を展示しています。初期の作品の熊の木...

私は、リサ・ラーソンの作品といえば、縞模様の猫を思い出します。メモ帳やノートなど、日常生活の中にリサ・ラーソンの作品が使われている品物が多くあります。今回、札幌芸術の森美術館で開催される「リサ・ラーソン展」では、リサ・ラーソンの作品をはじめ、夫であるアーティストのグンナル・ラーソン、娘ヨハンナ・ラーソンの作品を紹介しています。私は実際にリサ・ラーソンの作品を見たことがなかったので、行ってみることに...

ブリューゲルの展覧会が札幌で開催されることを知り、とても嬉しくなりました。ブリューゲルと言えば、私は「鳥罠」という作品を思い浮かべます。本ではよく見たことがあった作品ですが、今回の展覧会でも見ることができるというので、前売り券を購入しました。展覧会に行くために、前売り券を購入したのは久し振りです。ブリューゲル一族の作品に出会えることを、とても楽しみにしていました。会期2日目の夕方、仕事を終えて、慌...