北海道立三岸好太郎美術館

北海道立三岸好太郎美術館

住所・所在地:060-0002北海道札幌市中央区北2条西15丁目
電話番号:011-644-8901
開館時間:9:30〜17:30
休館日:
 月曜(祝日の場合は翌火曜)、年末年始、その他展示替え期間など
料金:
 大人500円、高・大学生250円
 特別展は別途
駐車場:あり無料2台
交通アクセス:
 地下鉄東西線「西18丁目」下車
 中央バス・JR北海道バス(札幌⇔小樽・手稲方面)
  「道立近代美術館」下車
興味マーク:☆

 

わずか31歳で夭折した、札幌出身の画家・三岸好太郎の作品を集めた美術館は、北海道知事公館庭内にひっそりとたたずんでいます。白い建物はモダンで美しく、庭の緑と調和しています。実はこのアトリエも、三岸のデッサンを元にバウハウスで学んだ友人が三岸の没後に作り上げたもの。館内には、強いタッチで描かれた初期作品から、淡く幻想的な晩年の作品まで見ることができ、短い人生を駆け抜けた画家の人生が浮き彫りにされるのを、感じることができるでしょう。


-------------------------------------------

北海道立三岸好太郎美術館記事一覧

道立三岸好太郎美術館へ久しぶりに行ってきました。この美術館は、独特の雰囲気があり、三岸好太郎という人物に少し近づけたような気分になる空間があります。今回開催されていたのは「詩情の花束」という展覧会です。三岸好太郎が描き続けていたモチーフの一つである「花」にまつわる作品が並んでいました。展覧会で一番見てみたかった作品は、千秋庵製菓株式会社から寄贈された作品「金蓮花」。怪しげで可憐な花は三岸好太郎だか...

知事公館のお庭の隣にあり、大好きな美術館の1つです。近くにある近代美術館へは何度も行くのですが、三岸美術館へはなかなか足を運ぶことができずにいました。近代美術館の近くで用事を済ませた後、時間があったので、約5年振りに三岸美術館に行ってきました。館に足を一歩踏み入れると、以前と変わらずに静かであたたかい雰囲気がしました。チケットを購入する際、受付の方が丁寧に説明してくださって、とても良い印象を持ちま...

この展覧会のポスターを偶然見かけ、とても印象的だったので目に焼き付いていました。我が家で1歳になる犬を飼っていることもあり、この展覧会がとっても気になっていました。今回出品される奈良美智さんの作品がファンという友人と一緒に美術館に行ってきました。休日は混んでいるという話を聞き、平日の午後に訪れたのですが、若い女性の方が結構いらっしゃっていました。三岸好太郎の作品に登場するワンちゃんから始まり、版画...

2012年秋。特別展「<猫>が気になる。」に行きました。目的は長谷川?二郎の「猫」。TVの美術番組で見て以来、忘れられなかった一枚です。よくぞ、よくぞこの絵を呼んでくださった!美術館には感謝です!この画家は北海道(函館)出身でありながら寡作のためか道内であまり作品を見る機会がないのです。今回初めてこの美術館に入りましたがこじんまりとしていてカフェもあって、美術鑑賞というよりものんびりしに行きたいよ...

先日、札幌にある道立近代美術館の展覧会を観に行ってきました。しかし、観終わるまでにそんなに時間がかからなかったので、どこかで時間が潰せるところはないかと探していましたら、近くに道立三岸好太郎美術館が有ることを知り、訪れました。知事公館の隣の小さなこじんまりとした美術館でした。札幌出身の三岸好太郎の画業をたどることができる展示でした。三岸好太郎が色々な人に影響を受けながら作品をつくっていたことを知る...

 知事公館の近くにある三岸好太郎美術館が好きなので、一時期よく訪れていた時があります。最近は全然行くことができずにいました。久しぶりに時間が取れたので、道立近代美術館で展覧会を見る前に、三岸好太郎美術館へ立ち寄ることにしました。私が美術館に行った日は、生憎強い雨が降っていました。天候が悪いにも関わらず、展示室には10名ほどいらっしゃいました。展示室に人がいて、少しほっとしてしまいました。今回の展覧...

館内の雰囲気が好きで、時間があるときには必ず立ち寄る美術館の一つです。今回は「夭折の画家 愛のまなざし」と題して、初期から晩年の作品が並んでいます。「大通公園」「檸檬持てる少女」など、何度も見たことのある作品にも関わらず、絵を見ていると毎回違った気持ちになります。中でも、「赤い服の少女」の作品に描かれている少女の表情が、少し不安げで、子どもの一瞬の表情を切り取って描く、三岸の眼差しの凄さを感じまし...