北海道立三岸好太郎美術館 口コミ・評判・体験

北海道立三岸好太郎美術館 口コミ・評判・体験

2012年秋。特別展「<猫>が気になる。」に行きました。目的は長谷川?二郎の「猫」。TVの美術番組で見て以来、忘れられなかった一枚です。よくぞ、よくぞこの絵を呼んでくださった!美術館には感謝です!この画家は北海道(函館)出身でありながら寡作のためか道内であまり作品を見る機会がないのです。今回初めてこの美術館に入りましたがこじんまりとしていてカフェもあって、美術鑑賞というよりものんびりしに行きたいような場所でした。次はどんな展示かな。なかなか札幌に行けませんが、いつもフォローしています。
40代女性2人


北海道立三岸好太郎美術館 口コミ・評判・体験関連ページ

三岸好太郎が描き続けていたモチーフ 詩情の花束 北海道立三岸好太郎美術館
「花」にまつわる作品が並んでいました。展覧会で一番見てみたかった作品は、千秋庵製菓株式会社から寄贈された作品「金蓮花」
その時ミギシは動いた―前進!前進!の31年 北海道立三岸好太郎美術館
以前と変わらずに静かであたたかい雰囲気がしました。チケットを購入する際、受付の方が丁寧に説明してくださって、とても良い印象を持ちました。今回は、代表作より三岸の軌跡を辿ることができる展覧会で 北海道の北海道立三岸好太郎美術館の展覧会、企画展、イベント、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想
特別展「ワンワンワンッダフル!−あの犬に会いたい」 北海道立三岸好太郎美術館
三岸好太郎の作品に登場するワンちゃんから始まり、版画や写真、彫刻など犬をテーマにした作品が沢山並んで 北海道の北海道立三岸好太郎美術館の展覧会、企画展、イベント、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想
道立三岸好太郎美術館 口コミ・評判・体験
北海道の北海道立三岸好太郎美術館の展覧会、企画展、イベント、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想
開館50周年記念小樽美術村×mima絵画コレクション三岸好太郎とその時代(北海道立三岸好太郎美術館)
最近は全然行くことができずにいました。久しぶりに時間が取れたので、道立近代美術館で展覧会を見る前に、三岸好太郎美術館へ立ち寄ることに
三岸好太郎セレクション「夭折の画家 愛のまなざし」(北海道立三岸好太郎美術館)
「大通公園」「檸檬持てる少女」など、何度も見たことのある作品にも関わらず、絵を見ていると毎回違った気持ちになります。中でも、「赤い服の少女」の