北海道立文学館

北海道立文学館

住所・所在地:
 064-0931札幌市中央区中島公園1番4号
電話番号:011-511-7655
開館時間:9:00〜17:00
休館日:月曜日(祝日の場合は開館)年末年始
料金:
 大人500円 高・大学生250円
 中学生以下・65歳以上無料(^^)/
駐車場:あり7台
交通アクセス:
 地下鉄南北線「中島公園」駅(出口3番)下車徒歩6分
 地下鉄南北線「幌平橋」駅(出口1番)下車徒歩7分
 JR・中央バス 西岡平岸線79・羊ヶ丘線89 
  「中島公園入口」下車 徒歩4分
 山鼻線 循環啓55・56・65・66
  「中島公園入口」下車 徒歩4分
興味マーク:☆:

 

札幌の中島公園内、音楽専門ホールKitaraの向かいにある小さな文学館。北海道出身またはゆかりのある作家作品や関連資料を収蔵しています。中でも「北海道の文学」と称した常設展にあるアイヌ民族文学は、北海道ならではなのでおススメ。特に、自らアイヌ出身者であり口承文学ユーカラの伝承者でもある知里幸恵(ちり ゆきえ)によって初めて出版された神謡の記録『アイヌ神謡集』は一読の価値あり。


-------------------------------------------

北海道立文学館記事一覧

「トーベ・ヤンソン生誕100周年記念 ムーミンの世界展〜ヤンソンさんからの贈り物」が道立文学館で開催されています。私は、ムーミンファンの友人と訪れました。ムーミン谷のジオラマなどがありました。また、ムーミンとスナフキンと記念撮影できるスペースもあり、少し恥ずかしかったですが撮影してきました。ショップでは、ムーミングッズが充実していて、何を買おうか迷ってしまいました。私は、マグカップを1つ購入。友人...

北海道立文学館で開催されている「“うま”とあそぼう!!」を観てきました。まず、馬をテーマにした文学作品がこんなに沢山あることに驚きました。絵本作家の本田哲也さんの絵本の原画作品も展示されていて、印象に残っています。また、馬をテーマにした絵本を並べているコーナーもあり、大人だけでなく小さなお子さんも楽しむことができる展示であると思いました。何気なく知っているつもりの馬でしたが、文学作品において色々な...

全国にファンが多い小檜山博さんの展覧会があるというので文学館へ行ってきました。展覧会では、小檜山さんのこれまでの文学作品や直筆原稿、色紙など、貴重な資料が展示されていました。展示数が多く、盛り沢山な印象を受けました。会場にも小檜山さんのファンの方が来られていました。私は、JR北海道の機内誌に載っている小檜山博さんのエッセイくらいしか、作品を読んだことはありませんでした。今回、展示を観たことをきっか...