雪の美術館

雪の美術館 北海道伝統美術工芸村

住所・所在地:
 070-8567
 北海道旭川市南が丘3丁目1−1
 (国道12号線沿い)
電話番号:0166-63-2211
開館時間:9:00〜17:00
休館日:
 年末年始(12月30日〜1月4日)
料金:
 大人650円 高校生450円
 小・中学生350円
駐車場:
交通アクセス:
 車の場合、
  旭川空港より約40分 JR旭川駅より約15分
  道央自動車道「旭川鷹栖I.C」より札幌方向へ約10分
  道央自動車道「深川I.C」より旭川方向へ神居古潭経由で約30分
  路線バス
   道北バス・北海道中央バス
   「旭川市1条通7丁目」停留所より乗車 (約15分)
   「高砂台入口」停留所下車 徒歩約10分

 

雪の結晶をテーマにした美術館は雪国北海道ならでは。旭川の高台にあるお城のような外観が印象的です。併設した国際染織博物館や優佳良織工芸館と合わせて、この一帯を北海道伝統工芸村と称しています。入り口を入るとすぐに、地下18mまで降りる螺旋階段があり、この階段を上から覗くと雪の結晶のような形に見えるデザインになっています。地下には氷の回廊のほかスノーミュージアム、美術館を置き、雪の結晶を顕微鏡写真や映像で見ることができます。


-------------------------------------------

雪の美術館記事一覧

市内中心部からは少し遠いですが、バスで行けます。少し高台にあり、大変見晴しが良いです。中世のお城のような建物で、館内も結婚式場に使われるような雰囲気がありとてもきれいです。雪に関する知識を深めることができるほか、壁、天井一面の雪の結晶写真の展示や、氷柱の回廊があり、雪の美しさを体感することができます。涼しいので特に夏におすすめのスポットです。メニューはそんなに多くはありませんが、カフェテラスがあり...

Twitterで知った雪の美術館。さっぽろ雪まつりを見に北海道に行った際、ならばこちらもと訪れました。決して大きな美術館ではありませんが、ドアの取手など細かい所にまで雪の結晶が描かれていたり、椅子も六角形で雪の結晶が表現されていたりと、思わずじっくり見て回りました。ホームページに写真も載っていますが、氷の回廊という場所は自然に育った氷柱が美しく、幻想的でした。雪や氷にまつわる様々な資料も展示してお...