木版画の変遷 西+洋

木版画の変遷 西+洋

同館の雰囲気が好きで毎回訪れています。今回のテーマを聞いて、どのような作品が並ぶのか凄く気になりました。展示では、幕末から明治を生きた月岡芳年の作品や小林清親の作品が並んでいました。日本の版画から西洋の風が感じられて大変興味深かったです。時代の変遷を味わいながら作品を観ることができました。また、吉田博や川瀬巴水の作品も良かったです。展示室の片隅に「浮世絵再興を陰で支えた版元」について書かれているファイルが置いてあり、勉強になりました。展示を観終わった後、職員の方からサービスで珈琲とお菓子をいただいました。
By はな


木版画の変遷 西+洋関連ページ

上手いは証明しなくてもいい
宮崎進さんや順田寿さんなど6人のアーティストの作品が並びます。作品から伝わってくるエネルギーを 北海道のHOKUBU記念絵画館の展覧会、上手いは証明しなくてもいい 交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想
湿り気の表象 HOKUBU記念絵画館
折登朱実さんや渡邊加奈子さん、片平奈摘子さんなど四人の作家の、それぞれの作品表現のあり方に注目した展覧会でした。私は、この四人の作家さんの作品に出会うのが初めてで 北海道のHOKUBU記念絵画館の展覧会、企画展、イベント、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想
早川俊二展 遥かな風景への旅 HOKUBU記念絵画館
札幌では初めてとなる早川俊二氏の大規模な個展が、HOKUBU記念絵画館で開かれると知り、同館に行ってきました。展示室に入り、1点1点足を止めてゆっくり見ていき 北海道のHOKUBU記念絵画館の展覧会、企画展、イベント、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想
目をつぶり 感じるもの(HОKUBU記念絵画館)
HОKUBU記念絵画館へ行きました。今回の展示のテーマは「目をつぶり 感じるもの」。どのような作品に出会うことができるのか、とても楽しみにしながら入館