JR TOWER プラニスホール

札幌国際芸術祭の様々な会場を巡りたいとずっと思いつつ、結局全然回ることができずに最終日になってしまいました。どうにか時間をやりくりして、JRタワープラニスホールで開催されている「札幌デザイン開拓使サッポロ発のグラフィックデザイン〜栗谷川健一から初音ミクまで」展に行ってきました。展覧会では、一部を除いて写真撮影をすることができたので、スマホを手にしながら会場に入りました。この展覧会は、「デザインってなんだ?」とう問いを、札幌にまつわるデザインで考えるというもの。北海道の開拓が始まったころから使われていたデザインをはじめ、栗谷川健一さんの観光ポスター、すすきのにあるニッカウヰスキーの広告などが展示されていました。面白かったのは、北海道の百貨店である丸井今井の広告でした。とても印象的で、現在でもインパクトのある言葉が並んでいました。昔のことなのに、すごく新しさを感じました。千秋庵というお店で販売されているお菓子の缶も展示されていたのですが、可愛くて欲しくなってしまいました。デザインについてまったく気にも留めずに生活していましたが、日常の中に、デザインされた商品がたくさんあることを改めて気が付きました。私が生きるずっと前に出来上がった商品について考え、その想いや願いをデザインとして繋いできた人がいること。その人のおかげで、現在を生きる私たちにもしっかりとその商品が伝わっているのだと感じました。忙しくても、周りに目を向けながら新しいデザインを見つけることができたら楽しいなと思いました。
By Hana October2017


-------------------------------------------

札幌デザイン開拓使サッポロ発のグラフィックデザイン〜栗谷川健一から初音ミクまで〜(JRタワープラニスホール)関連ページ

北欧から届いたファンタジー 切り絵作家アグネータ・フロックの世界展 (JR TOWER プラニスホール)
会場に入って、アグネータ・フロックさんが作り出している切り絵を見てみると
フェルメール光の王国展 in SAPPORO
北海道のJR TOWER プラニスホールの展覧会、企画展、イベント、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想
JR Tower Art Planets2015 越境する「手わざ」たち〜アートと工芸のはざまから 楽しい現代美術入門3
北海道のJR TOWER プラニスホールの展覧会、企画展、イベント、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想
JR Tower Art Planets 2017 あそぶ・ひねる・やく〜北の陶の新時代(プラニスホール)
札幌駅に直結しているので、足を運ぶのにも、とても便利です。札幌の街で気軽にアートを楽しむことができるスポットなので、興味のある分野の展覧会が開催されるときには訪れるよう