似鳥美術館

北海道小樽に小樽芸術村がオープンしたことを聞きました。以前から、ずっと行ってみたいと思いつつ、やっと日程が合い、訪れることができました。その小樽芸術村の中にあるのが似鳥美術館。作家の小林多喜二が働いていたという旧北海道拓殖銀行小樽支店の中に、美術作品が展示されていました。1階のミュージアムショップが気になりつつ、入館料を支払い展示室へと入っていきました。展示は4階から2階までとなっていたので、まず4階に向かいました。無料の音声ガイドをお借りして見ていました。ここでは上村松園や横山大観、鏑木清隆など近代日本画の作品が並んでいました。中でも一番好きだったのが、加山又造の「波と海猫」という作品。青の色彩が瑞々しく、また海猫の姿がチャーミングで気に入りました。階段で3階に降りていくと、途中に千住博さんの作品がありました。作品に見とれながら、3階へ。ここでは、日本・海外の洋画を紹介していました。藤田嗣治やルノワール、ユトリロなどの作品があり、多様に収集していると思いました。個人的に、モーリス・ド・ヴラマンクが好きなので、さりげなく作品があったのが嬉しかったです。このほか、岸田劉生の「静物(リーチの茶碗と果物)」という作品も素晴らしかったです。2階では、棟方志功と高村高雲らの木彫りを展示していました。動き出してしまうのではないかと思う程、繊細な高村高雲の作品を見て圧倒されました。地下1階ではアールヌーヴォー・アールデコグラスが一堂に展示されていました。ガラスについてあまり詳しくないのですが、ガレのランプの美しさに魅了されました。ここでは、ガラス作品だけでなく、家具も展示。金銭的に余裕があれば、我が家にも美しい装飾の家具が1つくらいあったら良いのにと思いました。たぶん一生無理なので、展示室の家具をじっくりと眺めていました。地下1階の展示室には、多数のテーブルランプもあり、美しい光の中に包まれ、幻想的な雰囲気になっていました。展示室を出て1階に戻り、ミュージアムショップをじっくりと覗いてみました。絵葉書で好きな作品がなかったので、購入しなかったのですが、ニトリの商品もたくさんありました。似鳥美術館だからニトリの商品があって当たり前だなと思いつつ、美術館を後にしました。
By Hana February2018


-------------------------------------------