大正ロマン昭和モダン展

大正ロマン昭和モダン展

今回は竹久夢二の挿絵が多数展示されます。当時は時代の最先端を行く美人画としてもてはやされ、今でもこうして展覧会の主役ができるなんて、すごいことだと思います。他にも絵葉書や装丁本など当時の息吹を感じさせる品がたくさん展示されます。実際に手にした人はきっと、その美しさにうっとりしたことでしょう。今で言うならプレゼントのラッピングやカードをあれこれ選んだり、受け取って嬉しかったり、そんな気持ちに通じるのかもしれません。
他にも中村淳一や高畠華宵の作品もあり、美術館の中は美しい女性にあふれています。

 

エラノール 40代 女性


大正ロマン昭和モダン展関連ページ

やはりミレーは圧倒的な表現力 バルビゾン 19世紀の絵画と写真 北海道立帯広美術館
油絵が少なく作品の多くはエッチングやクリシェヴェールでした。バルビゾン派の代表のミレーを期待していたのですが 北海道立帯広美術館の展覧会、企画展、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想
トーベ・ヤンソン展
北海道立帯広美術館のトーベ・ヤンソン展。交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想