明石市立文化博物館

芸術にまったく関心がないわが夫も、スターウォーズやゴジラを描いた作家ということなら楽しめるかも、と一緒に出掛けました。 会場に入るとすぐに高さ3メートルはあろうかというピラミッド型のオブジェがドンと構えています。 表面には、生頼範義氏が表紙絵を描いた雑誌や書籍がびっしりと並べられていました。 さらに展示を見ていくと、映画のポスター原画あり、ベストセラーの挿絵あり、雑誌の表紙あり、どれも大迫力の原画の数々です。 CGのない時代に、手書きでここまで表現し切った氏の画力にただただ圧倒されました。 平日の割にはけっこうギャラリーがいて、おそらくSF好きのスターウォーズ世代ではないかと思われる中年男性が多かったように思います。 これから画を描いて身を立てようという若い人にもぜひ見てほしい展示だと思いました。
Written by 光岡ヒミコ ( 40代女性 )掲載:2016/8


生頼範義展 ースター・ウォーズ、ゴジラを描いた巨匠の軌跡ー (明石市立文化博物館)関連ページ

明石市立文化博物館 ムーさん 20代 女性
兵庫県の明石市立文化博物館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と ムーさん 20代 女性 の個人的な感想,体験、口コミ、評判など
ペネロペ、リサとガスパール展
兵庫県の明石市立文化博物館の展覧会、ペネロペ、リサとガスパール展、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と 個人的な感想,体験、口コミ、評判など