兵庫県立美術館

建築家ガウディと漫画家の井上雄彦の特別展です。スペインの代表的な建築家ガウディ。その独創的な建築物は見る者の心を捉えて離しません。私もその一人で、実際にサグラダ・ファミリアを訪れたときは感銘を受けました。まだ完成していないその複雑な建築様式。その完成度とデザインの高さには言葉も出ませんでした。また、日本のマンガ家である井上雄彦。彼の代表的な作品である「スラムダンク」は日本人の若い世代の方はほとんどが読んでいるのではないでしょうか。その漫画は人の心を掴み、旋風を巻き起こしました。そんな2人の奇才がシンクロする世界を見れるのは今だけであり、どのような世界観がその中にあらわれているのか…興味津々であります。期間中には絶対に訪れたい特別展の1つです。
By Kyon(20代女性)
掲載:2015/5


特別展 ガウディ×井上雄彦 〜シンクロする想像の源泉〜 兵庫県立美術館ギャラリー棟関連ページ

兵庫県立美術館・コンサート
クラシック音楽に目がない私は新聞やホームページなどで随時チェックして情報を確認するようにしていました。今年もたくさん行き
フェルディナンド・ホドラー展
兵庫県立美術館の展覧会、フェルディナンド・ホドラー展、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と 個人的な感想,体験、口コミ、評判など
びっくりのりたけ展
兵庫県立美術館の展覧会、びっくりのりたけ展、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と 個人的な感想,体験、口コミ、評判など
帰ってきただまし絵展@兵庫県立美術館
兵庫県立美術館の展覧会、帰ってきただまし絵展、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と 個人的な感想,体験、口コミ、評判など
ジョルジョ・モランディ-終わりなき変奏- 兵庫県立美術館
美術館の吹き抜けの広々とした空間に心地よい自然光、そこにモランディの淡いパステルカラーの作品が多数並んでおり、うっとりとした時間を過ごすことが出来ました
借り暮らしのアリエッティ×種田陽平展 兵庫県立美術館
美術館の中は夏休みということもあり、家族連れでいっぱいでした。映画で見た通りの可愛らしい家中には、壁に切手やボタンが飾ってあったり、
クリムト1900年ウイーンの美神展 (兵庫県立美術館)
クリムトは高校生の時、当時まだ改装していない旧東京駅ステーションギャラリーで観た事がある絵に兵庫県で再開し、偶然だったため、
大英博物館展 (兵庫県立博物館)
以前から英国に行く機会が有れば是非1度訪れてみたいと思っていた大英博物館のダイジェスト版を地元の神戸で見られると言う又とない機会を得られ