神戸市立博物館

神戸市立博物館で開催中の「古代ギリシャ展」に行ってきました。会場に入るといきなり、巨大な壁彫刻の展示が迎えてくれます(本物)。最初はてっきりレプリカかと思って撮影しようと携帯を構えたところ、係員の方に注意されてしまいました。。。皆様もお気をつけください。会場に入ると、古代ギリシャの約7000年の歴史を8章に分け、時代順に展示物が並べられています。彫刻、壺、壁絵(フレスコ画というのかな?)、コインや金細工など、展示物がの種類が多岐にわたっていて、どれも大変迫力がありました!東京五輪が3年後に迫っている中、古代オリンピックについての展示も興味深かったです。個人的に気に入ったのは第2章ミノス文明の「漁夫のフレスコ画」!とても4000年前に描かれたとは思えない色鮮やかさ、そして漁夫の表情や魚の生き生きとした描写が素敵でした。
papillon.kobe (50代女性) 2017/3掲載


古代ギリシャ展に行ってきました(神戸市立博物館)関連ページ

100のモノが語る世界の歴史 大英博物館展 (神戸市立博物館)
ポスターに描かれていた「ルイス島のチェス駒」も興味が湧きました。当日、職場の同僚と一緒に土曜日に行きましたが、あまり混雑はしておらず、見たい展示品がなかなか見れないといったことありません
大英博物館展 (神戸市立博物館)
前回行ったときもクオリティが高かったので、今回も期待を胸に膨らませながら、博物館に向かっていった。本物の大英博物館に行ったことはなく、予備知識は世界最古の博物館
古代エジプト展
入場者はかなり多かったです。それも疲れる要因になったかもしれません。展示品はよかったです。特に装飾品は 兵庫県 神戸市立博物館の展覧会、古代エジプト展、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と 個人的な感想,体験、口コミ、評判など
よくもこれだけ! チューリヒ美術館展 印象派からシュルレアリスムまで 神戸市立博物館
名高い画家の絵が迎えてくれる。その次も同年代で同系統の高名な画家の絵が並んで 兵庫県 神戸市立博物館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と 個人的な感想,体験、口コミ、評判など
チューリヒ美術館展 神戸市立博物館
6メートルもあるモネの「睡蓮」が展示されていると知って見に行ってみようと思い 兵庫県 神戸市立博物館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と 個人的な感想,体験、口コミ、評判など
「真珠の耳飾りの少女」を見たくて 特別展マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝 神戸市立博物館
なんの先入観もなしに絵を見るのもいいのかもしれませんが、その絵が描かれた背景や、画家のことを知っていたほうが 兵庫県 神戸市立博物館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と 個人的な感想,体験、口コミ、評判など
真珠の耳飾りの少女はすごい人気 マウリッツハイス美術館展 神戸市立博物館
今回の目玉展示だけあって、「真珠の耳飾りの少女」はすごい人気でした。この展示の前だけ、整列されられている状態で 兵庫県 神戸市立博物館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と 個人的な感想,体験、口コミ、評判など
たまらない展覧会 チューリヒ美術館展 神戸市立博物館
その時期の近代美術家たちの作品が勢ぞろいです。モネ、ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌ、ピカソ、ルソー、シャガール、ムンク、ダリ、クレー、モンドリアン等々他にも、 兵庫県 神戸市立博物館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と 個人的な感想,体験、口コミ、評判など
チューリッヒ美術館展
兵庫県 神戸市立博物館の展覧会、チューリッヒ美術館展、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と 個人的な感想,体験、口コミ、評判など
大英博物館展
大英博物館の所蔵品が来ると聞いて、喜んで行きました。飛行機が苦手なのでとてもうれしかったです。ミイラや印象派の絵画などまさに大英博物館らしい作品が
「ボストン美術館秘蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」 (神戸市立博物館)
ボストン美術館秘蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」を見に行きたいと思っています。この展覧会は、江戸時代末期に活躍をした二人の天才絵師である歌川国芳と歌川国貞の選りすぐりの作品を
楽しめる浮世絵「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」展 (神戸市立博物館)
ボストン美術館には14000枚もの国芳、国貞の浮世絵が所蔵されているのですが、今回その中から選りすぐりの錦絵がやってきました。今までほとんど一般公開されなかった作品をかなり近寄って
遥かなるルネサンス天正遺欧少年団がたどったイタリア (神戸市立博物館)
「遥かなるルネサンス天正遺欧少年団がたどったイタリア」が開催されます。 後世に名高い伊東マンショら4名の少年使節団は1582年に長崎からイタリアに