姫路市立動物園

姫路市立動物園は、国宝姫路城のすぐそばにある昔ながらの動物園です。ライオン、象、キリン、熊などのオーソドックスな動物たちはもちろん、ペンギンやアシカ、カバ、オタリア等の水環境に生息する動物や、ヘビやトカゲのような爬虫類もいます。ふれあい広場もあり、ウサギやモルモットに触れられるコーナーはいつも子どもたちで大にぎわいです。姫路市内に住む子どもたちなら誰しも1回は行ったことのあるこの動物園に、私ももちろん今まで数えきれないくらい行きました。子どもの頃、両親と訪れた記憶に始まり、そのうち友達とグループででかけるようになり、彼氏とのデートでも訪れ、結婚してからも夫婦で行きました。いつ行っても暖かく迎えてくれる動物園ですが、最近は夕暮れ時に行くことがとても楽しみです。夕方の、閉園時間前は少しお客さんも減って寂しいですが、動物たちの夜ご飯を食べている様子が次々に見られます。お客さんが少ないからこそ、真ん前でご飯を食べている動物たちを夕暮れの中見られる風景がとても好きです。
By ナナミ(30代女性)
掲載:2015/4


夕方の動物園 姫路市立動物園関連ページ

懐かしいのにまだまだ新鮮 (姫路市立動物園)
戦後すぐに作られたとの事で、今年42歳になる私も小さいころから幾度も訪れていた。あの頃の私はまさか自分の子供を連れてくるとは思わなかった