水戸芸術館 展覧会 イベント

水戸芸術館にて、企画展「3・11以後の建築」を鑑賞しました。2011年3月11日の東日本大震災以降、さまざまな建築家が街やコミニティのありかたを見直し、いろいろな角度から「新しい形」を提案するような内容。と言うとちょっと堅苦しい展示のようにも聞こえますが、たくさんの写真パネルや模型、ビデオなどで分かりやすく解説されており、全く建築について知識のない私でも「ほうほう」と感心しながら鑑賞する事が出来ました。中でも若手の建築家たちが共同で設計、作成した「みんなの家」というプロジェクトは、津波で家を失い仮設住宅に住まわれる人々のため「みんなで理想の家を造ろう」というプロジェクトで、実際にそこが地元の人々の憩いの場所となっており、あたたかな雰囲気をとらえた写真が印象的でした。水戸芸術館では普段現代アートなどの展示が多いのですが、こういったドキュメンタリー調の展示も面白いなと思いました。
By ゆう (30代女性) 2016/2掲載