水戸美術館

内容は、通常は関西の美術館に貯蔵されている東山魁夷さんの絵を、茨城県の美術館で見れるというものです。人気のある有名な作家であるため、見物客も多く、外国の親子連れの姿も見れました。まさに、日本を代表する作家です。東山魁夷さんの絵は千葉県でもみる事が出来ますが、今回の襖に書かれた大きな対策は見れないので、わざわざ千葉県から見にいらした方もいらっしゃいましま。大きな襖に描かれた絵たちは迫力と、作者の丁寧な構想が見受けられ、三時間見て回った見物客もいました。館内には、おしゃれな昼食を取れるカフェもあり、館内には、美術館に隣接した湖を眺められる休憩スペースや子供が遊べる折り紙スペースが設置されており、家族で行っても行きやすいです。
ひかり (30代女性) 2017/4 掲載