金沢21世紀美術館 展覧会 イベント

金沢21世紀美術館

住所・所在地

〒920-8509石川県金沢市広坂1-2-1

電話番号

076-220-2800

開館時間

展覧会ゾーン・10:00〜18:00(金・土曜は20:00)
交流ゾーン・9:00〜22:00
各施設のそれぞれ異なる。

休館日

展覧会ゾーン・月曜日(祝休日の場合は翌平日)
年末年始

 

料金

展覧会は異なります。
大人1000円〜
大学生800円〜
小中高生400円〜
(交流ゾーン)は無料

駐車場

あり322台 
はじめの30分は無料

交通アクセス

北陸自動車道から
金沢西ICから20分
金沢東ICから20分
金沢森本ICから25分

電車・バス

JR金沢駅バスターミナル 東口7〜10番
西口5番乗り場から
「香林坊(アトリオ前)」下車
徒歩5分

興味マーク

★★

URL

https://www.kanazawa21.jp/


金沢21世紀美術館記事一覧

しばしば東京等で催されていることは知っていましたが、SNSで写真を見るのみだった「アートアクアリウム展」が金沢でも、と知って五歳の息子と訪れました。公立美術館での開催が初めてであったことに驚きましたが、現代アートを取り扱う同館でということには納得もしました。会場では、金魚というと祭りの屋台、和雑貨等の柄といった自分の固定観念を壊されるような感覚を持ちました。様々な形の水槽の中、切り替わる照明の中で...

美術館の広場に展示してある常設のアートを見て、色使いや形、デザインの面白さを実感してきました。21世紀美術館に行ってみると、特別展示としてアートアクアリウムをやっていたので入ってきました。金魚と日本独特の文化との融合という感じでした。屏風に映像を当てながら、その中を色とりどりの金魚が泳ぐ姿はとても美しく、金魚が生きていて動いているからこその素晴らしさだなと思いました。また、巨大な金魚鉢にたくさんの...

今回で10周年を迎えるアートアクアリウム展ですが、初めて北陸でも開催されることになりました。今まで興味はありましたが、行ったことがないので大変楽しみにしています。大阪や東京と展示内容は少し異なるようですが、光を使った幻想的な雰囲気は十分にあじわえるのではないでしょうか。加賀百万石の地に佇む現代美術館で美しい金魚たちが展示される様子は、想像するだけでわくわくします。また、市内のお寿司屋さんでお寿司セ...

金沢21世紀美術館の開館10周年記念、レアンドロ・エルリッヒ展に行きました。21世紀美術館に常設展示としてある「スイミング・プール」がレアンドロの作品としては金沢では知らない人はいないくらい有名です。レアンドロの作品は日常にふかく寄りそいながら、新しい視点を与えてくれます。今回の展示ではガラスに自分自身を反射させることで、ガラスの向こう側に置かれている楽器とガラスに映る自分とを、ガラス上でのみ、一...

当時私は、金箔が有名くらいしか知らないまま金沢へ行った。スケジュールも立てずに向かったのだが、タクシーのおじさんが、21世紀美術館行っといでというので、行く事にしたのだ。あのタクシーのおじさんに、今となっては心から感謝したい。建物も、その時のイベントも、すべて素晴らしかった。美術館はもともと大好きだが、旅先の美術館を必ず調べて足を運ぶようになったきっかけは、この時からだ。現代美術は面白い。特にこの...

2016年2月に、21世紀美術館を訪れました。9時開館、10時に有料ゾーンへの入場開始でしたが、10時前の時点で既に多くのお客さんで賑わっていました。私たちは9時過ぎに到着したので、まずは建物外にある無料展示へ。有名なカラー・アクティヴィティ・ハウス(カラフルなアクリル板が渦状になった作品)やラッピング(金網でできた多角形状の作品)で記念撮影。それから10時に有料ゾーンへ入場。順路通り作品を見て回...

2015/1/10、何気なくTVを見ていたら、2015年のトレンド予測なんてことをやっていた。その中で、北陸新幹線の開業で、石川県、金沢が注目されるであろう・・・とか言っていた。とりあげられたスポットはいくつかあるのだが、そのひとつが、ここ金沢21世紀美術館だ。管理人自身は、福井県には泊まってきたことがあるのだが、石川、富山というあたりは、まったく訪問したことのないところ。北陸新幹線の開業直後は、...

ゆきんこ 30代 女性 2人冬の金沢を旅した時に訪問しました。日も沈んだ後、白銀の世界にライトアップされた美術館外観が素敵でした。展示室は迷路のようになっていて順路にそって歩いていくだけでも不思議な空間です。その時の企画展もまたおもしろい内容で体験型の展示もあれば、目の錯覚を起こしてしまうようなからくりがよくわからない展示もあり、しっかり2時間ほどかけて見学しました。見学した後も、しんしんと降る雪...

現代美術でも、今回は日本に焦点をあてているそうで、作家が見る現代の日本の姿が垣間見られそうです。自分が暮らしている日本、という共通の大枠があると、現代美術作品を理解するためのハードルが、少し下がるような気がします。展覧会のキーワードとなる言葉には「関係性」「日常」などがあり、人と人のつながりが良くも悪くも大きな意味を持っている今を象徴した展覧会になるのではないでしょうか。宇川直宏さんが出展されると...

金沢市の県庁跡地に建設された21世紀美術館は、その外観の目新しさで話題になり、北陸新幹線が開通した2015年春からは、一層県外からのお客さんがたくさん訪れるようになりました。町中の広い敷地の中、ぜいたくに芝生の屋外スペースをとってあります。晴れた日などは芝生で遊び回る親子連れも見られますが、良く見ると、地元民がたくさん混じっているのです。ちょっと町に出てきて美術館に寄ってみた…という感じ。屋外に別...

第72回現代美術展に行ってきました。この展示会は石川県立美術館、金沢21世紀美術館の2か所にまたがって行われていたのですが、私は時間の都合上金沢21世紀美術館の方にのみ行ってきました。金沢21世紀美術館には、日本画・彫刻・書が展示されていました。ひとつの展示エリアを見終わるとちょうど作品解説があったので、聞くことにしました。彫刻の説明だったのですが、グラデーションの使い方だったり金属の素材をわざと...

先日ずっと前から行きたかった北陸旅行をしてきました。金沢はかなりの人気と聞いていましたが、全くその通りです。ずっと金沢駅に着いて前から行きたかった「金沢21世紀美術館」に行きました。お天気の良い日だったのでガラス張りの丸い建物はより美しく、芝生やモニュメントのある庭でははしゃぐ子供たちの姿で旅に来たという実感がわきます。本命の美術館へ行くと、これまたやっぱり大勢の人でした。荷物の多かった私たちはコ...

ゴールデンウイーク終盤に訪問しました。美術館自体は無料入館できるのですが、目当ての金魚アート展の入室は900円かかり、出展規模にしては高いと感じました。目当ての有名作家は1人で、それ以外の出展者は無名のアマチュアのようであり、販売されているグッズも高額な上残り少なかったのが残念でした。私はテレビなどで紹介されていた、樹脂の中に描く金魚が見たかったので、それ自体は満足でしたが、もっと展示されていれば...