金沢21世紀美術館 展覧会 イベント

金沢21世紀美術館の開館10周年記念、レアンドロ・エルリッヒ展に行きました。21世紀美術館に常設展示としてある「スイミング・プール」がレアンドロの作品としては金沢では知らない人はいないくらい有名です。レアンドロの作品は日常にふかく寄りそいながら、新しい視点を与えてくれます。今回の展示ではガラスに自分自身を反射させることで、ガラスの向こう側に置かれている楽器とガラスに映る自分とを、ガラス上でのみ、一体化させるものが特に興味深かったです。窓ガラスに反射する自分を、電車の中や町中でしょっちゅう目にしていましたが、ガラスをはさんでこちら側と向こう側をガラスの上でだけはひとつにできる、ということに今まで一度も気付く事はありませんでした。ほかにも、ビルの階段室を90度たおし、階段を上から、また下から見れる部屋や、曇りガラスをもちいて雲をつくる展示、エレベータがひらき、閉まるまでの中の人の様子を延々に映す映像展示など、言葉だけで伝える事が難しい展示が数多くありました。体験する事の楽しさを再確認する、また、日常の新たな側面を見せてくれる楽しい展示でした。
のん(20代女性) 2015/5 掲載


レアンドロ・エルリッヒ ーありきたりの? 金沢21世紀美術館関連ページ

アートアクアリウム誕生10周年記念祭 アートアクアリウム展 金沢・金魚の密 (金沢21世紀美術館)
帰路には「ああいうの、僕も作ってみたい」とポツリ。私にとっての幻想の世界が、彼には自分で作り出したい現実なのだ、という思考の差にも驚かされ
アートアクアリウム (21世紀美術館)
常設のアートを見て、色使いや形、デザインの面白さを実感してきました。21世紀美術館に行ってみると、特別展示としてアートアクアリウムをやっていたので入ってきました。金魚と日本独特
アートアクアリウム展 (金沢21世紀美術館)
ートアクアリウム展ですが、初めて北陸でも開催されることになりました。今まで興味はありましたが、行ったことがないので大変楽しみにしています。大阪や東京と展示内容は
リアルユートピア 無限の物語 (金沢21世紀美術館)
タクシーのおじさんが、21世紀美術館行っといでというので、行く事にしたのだ。あのタクシーのおじさんに、今となっては心から感謝したい
恒久展示作品 (21世紀美術館)
有名なカラー・アクティヴィティ・ハウス(カラフルなアクリル板が渦状になった作品)やラッピング(金網でできた多角形状の作品)で記念撮影。それから10時に有料ゾーンへ入場。順路通り作品を見て回り
北陸新幹線の開業で
石川県の金沢21世紀美術館の展覧会、企画展、イベント、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と北陸新幹線の開業に関する個人的な感想
金沢21世紀美術館での体験 感想 ゆきんこ 30代 女性
石川県の金沢21世紀美術館の展覧会、企画展、イベント、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想
ザ・コンテンポラリー1 われらの時代:ポスト工業化社会の美術 金沢21世紀美術館
作家が見る現代の日本の姿が垣間見られそうです。自分が暮らしている日本、という共通の大枠があると、現代美術作品を理解するためのハードルが、 石川県の金沢21世紀美術館の展覧会、企画展、イベント、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想
21世紀美術館の屋外は子連れでいっぱい (21世紀美術館)
県庁跡地に建設された21世紀美術館は、その外観の目新しさで話題になり、北陸新幹線が開通した2015年春からは、一層県外からのお客さんがたくさん訪れるようになり
第72回現代美術展 (金沢21世紀美術館)
石川県立美術館、金沢21世紀美術館の2か所にまたがって行われていたのですが、私は時間の都合上金沢21世紀美術館の方にのみ
ずっと前から行きたかった金沢21世紀美術館へ (金沢21世紀美術館)
金沢はかなりの人気と聞いていましたが、全くその通りです。ずっと金沢駅に着いて前から行きたかった「金沢21世紀美術館」に行きました。お天気の
21世紀美術館 金魚アート展で思ったこと (21世紀美術館 石川県金沢市)
美術館自体は無料入館できるのですが、目当ての金魚アート展の入室は900円かかり、出展規模にしては高いと感じました。目当ての有名作家は1人で、