霧島アートの森

毎年楽しみにしている霧島アートの森,夏の企画展。今年は山口晃さんです。2008年同じ場所で行われた「neoteny japan」に出展された作品を観たのが山口晃さんという方を知った最初でしたので,個人的には感慨深い展示になります。一見浮世絵のような,細密画のような,緻密な世界は見飽きることはありません。展示会が苦手な夫も,大好きな刀や武士のモチーフが多いので氏の展示会だけは喜んで同伴してくれるので久しぶりに夫婦でデートに出掛ける予定です。また今回最も楽しみにしているのは何と言っても展示方法です。霧島アートの森は鹿児島における現代美術館のような位置づけですが,本来美術館用として建てられた建築物ではないためか,なかなかにユニークなつくりの施設です。平面展示には向いていないので,どのように空間を活用するのか,毎回違った趣向で愉しめます。また,施設の道向かいには山小屋風の売店があり,避暑地ならではのメニューであるブルーベリーソフトクリームパフェが美味しいです。鹿児島の夏を一瞬忘れさせてくれる空間の中で大自然を感じるのも楽しみの一つです。
By 玉露30代女性 2015/7掲載


山口晃 汽車とかたな 霧島アートの森関連ページ

霧島山系の中の現代美術が見れる森の美術館。 (霧島アートの森)
近隣の市では、時々珍しい企画展や常設展が開かれることがあり、足を運ぶことがしばしばあり 霧島アートの森で なかなか見れない作品が来るのです。