知覧特攻平和会館 展覧会 イベント

私はこの年の2月に家族で九州旅行のにでかけ、知覧特攻平和会館を訪れました。父親の希望だったのでついていく形でしたが、実際資料をよんでいると学校では教えられていない詳細まで知ることができました。特に目についたのが特攻隊員の方々が家族に向けた遺書でした、戦争にいきたくないとはかけない世の中だったので彼らが書いた内容はひたすらに家族の幸せを願う内容と親孝行ができないことについて悔やむものでした。そして特攻隊はほとんどが20前後の若い軍人でした。私と同じような年齢、または私より若い年代の方々が国のためといいながら笑顔で死ななければならない戦争は絶対に今後起こしてはならないと思いました。また、このような特攻隊が存在したという事実を決して風化させてはいけないので、このような資料館を国として大切にしていくべきだと感じました。
ぞくちょ (20代男性) 2017/4 掲載


鹿児島県知覧特攻平和会館を訪れて考えさせられた (知覧特攻平和会館)関連ページ

知覧特攻平和会館での体験 感想 としくん 40代 男性
鹿児島県の知覧特攻平和会館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験談
平和について考えること 知覧特攻平和会館
テレビドラマ等のロケ地にもなっていたので、以前から行ってみたい所でした。太平洋戦争の末期、 鹿児島県の知覧特攻平和会館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験談