知覧特攻平和会館 展覧会 イベント

知覧特攻平和会館での体験 感想 としくん 40代 男性

としくん 40代 男性 4人以上
映画やユネスコ世界記憶遺産登録を目指しているとの話の影響もあり知覧特攻平和会館へ行きました。中には海中より引き上げられた零戦や特攻隊の方々の装備や遺品が展示されていましたが、その中で最も心を打たれたのは特攻隊員たちが残した家族への手紙でした。特攻が決まった10代後半から20代前半の若者たちが死にたくないという気持ちを押し殺して自身を鼓舞し、親兄弟や妻や子供に宛てた最後の手紙を一つ一つ読んでいるうちに涙が溢れて止まらなくなりました。平和な現代に生まれたことがどれだけ幸せなのかと言うことを強く感じました。出来るだけ多くの方に行っていただきたい場所です。


知覧特攻平和会館での体験 感想 としくん 40代 男性関連ページ

平和について考えること 知覧特攻平和会館
テレビドラマ等のロケ地にもなっていたので、以前から行ってみたい所でした。太平洋戦争の末期、 鹿児島県の知覧特攻平和会館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験談
鹿児島県知覧特攻平和会館を訪れて考えさせられた (知覧特攻平和会館)
知覧特攻平和会館を訪れました。父親の希望だったのでついていく形でしたが、実際資料をよんでいると学校では教えられていない詳細まで知ることができました。特に