岡本太郎美術館

川崎市多摩区にある岡本太郎美術館をご紹介します。場所は小田急線の向ヶ丘遊園駅からバスか徒歩で行けます。川崎市の生田緑地という緑豊かで広大な公園のなかにあります。岡本太郎という凄く個性的で世界的にも有名な芸術家の美術館かこんな身近なところにあるなんて見に行かないのはもったない話です。岡本太郎と川崎市の関係についてですが、彼の母親、岡本かの子の実家が川崎市多摩区にあったんです。その関係でここに美術館が建設されたんでしょうか。ウィキペディアにはそんなこと一言も書いてないですが。実は岡本かの子の実家を知っていて、そこは昔、病院をやっていて、何度かお世話になったことがあるのでよく知ってたんです。その病院の院長さんは岡本太郎の親戚らしく、どこかしら顔が似ていたような記憶があります。そんなわけで岡本太郎さんには親しみをあります。岡本太郎美術館には太郎さんの人柄や素晴らしく爆発するような作品がいっぱいあります。是非、一度、行ってみて下さい。
tomo (50代男性) NOV 2016


素晴らしく爆発するような作品がいっぱい (岡本太郎美術館)関連ページ

常設展「みんなが見たい!太郎セレクション 2017」展 (川崎市岡本太郎美術館)
岡本太郎作品の魅力に心奪われ、ここ2年間で6回ほど通っています。 川崎市の生田緑地内にあるので、他の施設を見学したり、プラネタリウムを見たり、季節の自然を