箱根彫刻の森美術館 展覧会 イベント

箱根 彫刻の森美術館

住所・所在地

〒250-0493 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121

電話番号

0460-82-1161

開館時間

9:00〜17:00

休館日

年中無休 

料金

大人1600円 高・大学生1200円
小・中学生800円

駐車場

あり 有料

交通アクセス

東名厚木ICから小田原厚木道路・箱根湯本
国道1号線強羅入口で県道723号線に入る。

電車・バス

小田原駅→箱根湯本駅→箱根登山鉄道
「彫刻の森」駅下車、徒歩2分

興味マーク

★★
以前、昔に行った記憶が
色々なテーマの彫刻がありました。
ピカソ館、300点もコレクションが
あるんですよね。
昔行った時よりも今行くとまた
違う感じなんだろうなぁ〜。
子供も遊べる場所もあり
1日遊べそう♪
帰りは箱根の温泉かなぁ〜!

URL

http://www.hakone-oam.or.jp/


箱根 彫刻の森美術館記事一覧

強い台風が接近している日、前から計画していた家族旅行で、箱根 彫刻の森美術館に行きました。屋外にも数多くの作品が展示されていることを知っていた私たちは、係員の方に、現在は屋内のみ可能と言われた時は正直落ち込みました。しかし、いざ展示場に入ると素敵なアートがたくさん!画面上のアート作品が私たちの体の動きに合わせて動いたり、声に反応するアート作品があったりと、体を使って楽しめたのが良かったです。併設さ...

彫刻作品が野外にあるだけで、どうしてこんなに開放的ですがすがしいのだろうか。広い敷地の中で、宝を探すようなワクワク感がある。小さな作品から、とても屋内のスペースには入りきらない、スケールの大きな作品まで、たくさんの作品が展示されている。題名はそれぞれに付いているが、解釈は自分次第。実際に手に触れることも可能だ。よく見ると、あの有名なロダンや岡本太郎の作品もある。一人でじっくり散策もいいが、複数で歩...

夏は彫刻の森美術館のピカソ館で創案の方法を学ぼう。ピカソ美術館は何度、足を運んでも飽きない。前衛もさることながら、早熟時代の精緻な写実技法など成長とともに進化する過程を堪能できるからだ。 そこで、おすすめはドキュメンタリー映画「ミステリアス ピカソ」である。モネの「草上の昼食」をモチーフにどんどん閃きとともに手を加える。構図、色彩、単純な構造化、写実から抽象への進化技法がすごい迫力で迫る。そして、...

中学生の修学旅行で一度訪れたことがありましたが、昨年、久しぶりに夫婦で遊びに行きました。自然の中に作品を展示するというコンセプトが好きで2度目の訪問でさらに好きになりました。中学生の頃には気づかなかった良さを再発見することができました。園内を歩き回った後に足湯スポットがあり、歩き疲れた足を休めることもできます。夏の暑い時でしたがあえて足湯で汗を流したあとに、ギャラリーカフェで涼みながら食べたムンク...

みき 40代 女性 4人以上美術館というと堅苦しく思えますが、彫刻の森美術館は小さな子供から大人まで1日ゆっくり遊んだり鑑賞できます。中でもピカソ館はお勧めです。ピカソの娘さんより譲り受けた作品を中心に300点を超える作品が展示されています。外にも様々な彫刻作品が展示されており、音声ガイドもあるので楽しみながら鑑賞できます。彫刻はもちろんですが四季を通して桜から雪景色と森を散策しながら作品を鑑賞で...

nekoさん 40代 女性 4人以上行楽シーズンや混み合う連休でないときに、独身時代から結婚して子供たちを連れ家族で出かけます。とても広い敷地なので、美術館に行くというよりは、箱根と言うこともあり、山を散策に行く気分です。独身の頃は純粋に美術鑑賞でしたが、小さい子供を連れて行く、となると公園に走りに行くという、なんとも来館している皆さんに申し訳ない気分です。が、子供はそんなのおかまいなしに走るので...

ハイジ 50代 女性 4人以上箱根には子どもが小学生のころよく行きました。そして必ずといっていいほど彫刻の森美術館に行きました。緑が多く野外美術館というだけあって外を歩いているだけで気分がすがすがしくなり、子どもでさえ飽きずに野外の作品を楽しんでいました。当時NHKの天気予報のときに使用されていた「嘆きの天使」像をいち早く子どもが見付け「あっ、天気予報のだ!」と言ったことで家族全員それを思い出しよ...

初夏、紫陽花の季節、箱根 彫刻のの森美術館にて (箱根 彫刻の森美術館 神奈川県足柄下群)去年の6月に、箱根 彫刻の森美術館に行きました。とても広大な敷地で、気付いたら、3時間近く鑑賞していました。まさに、時間を忘れてしまいました。私は野外彫刻とピカソ館に興味があり、堪能でき感動しました。野外彫刻のヘンリ・ムーアの作品は空と緑に融合していて、作品からは愛が伝わり、特にファミリー・グループは人間愛に...

箱根彫刻の森美術館で横尾忠則さんの個展が開催されています。期間は3月19日から8月28日までだそうです。横尾忠則さんの絵が昔から好きで、画集などは見ていましたが原画は見たことが無いので、期間中にぜひ行きたいと思っています。この人が同じ時代に生きていることが嬉しいです。初めに惹かれたのは色使いでした。色と色がぶつかりあうような、大正時代の着物のような色の融合に感動しました。横尾さんは年代ごとにタッチ...