ラリック美術館の常設展に行きました

ラリック美術館の常設展に行きました

母と一泊二日の箱根旅行へ行ったとき、利用しました。この美術館へ行こうと思った理由は、「ガラス工芸に関心があったから」、「カフェのメニューが美味しそうだったから」です。様々なガラス工芸品がありましたが、特にアクセサリーは繊細で美しいものが多く、何時間でも飽きずに見ていられそうでした。私が訪れた時にはおそらく常設展しかやっていなかったのですが、それでもものすごいボリュームでした。またいつか、企画展をやっている時に再訪したいです。
2015年3月掲載 Byゆい(20代女性)


ラリック美術館の常設展に行きました関連ページ

アール・デコやアール・ヌーヴォーの優美な工芸装飾 (箱根ラリック美術館)
草花をモチーフにした香水瓶や、妖精のモチーフをあしらった流線形の美しいレリーフなど、素晴らしい質と量のコレクションにうっとりし