神奈川県の横浜みなと博物館 展覧会 イベント

マチュピチュに旅行経験のある母に連れられて、横浜みなと博物館に行ってきました。お目当てはアンデス文明展、マチュピチュ遺跡を含む南米アンデス一帯の遺物が展示されています。私はあまり知識がなかったのですが、土器や土偶がたくさんあったのでその造形を見るだけでも楽しめました。珍しく、学芸員さん直々にガイドをしてくださり、古代の笛を実際に鳴らしてみたりと小規模展示ならではの細かい心配りに感心させられました。写真撮影OKだったのもうれしかったですね。さて、その場で私の興味を一番ひいたのが「ペッカリー」という土偶でした。イノシシをかたどっているのですが、なんというかマンガチックでユーモラスなデザインなのです。学芸員さんによると、やはり一番人気だそうで、南米の博物館の「ゆるキャラ」扱いになっているのでした。日本でも「遮光器土偶」がそんな感じですよね。ということで、ただ展示を見て回るより自ら体験し、学ぶ姿勢が大切なのだなと感じた一日でした。ペッカリーはネットで写真が公開されていますので、ぜひ一目見てあげてください。忘れられなくなりますよ。
央河 (40代男性) 2017/1掲載