神奈川県の横浜開港資料館 展覧会 イベント

横浜開港資料館

住所・所在地

〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通3

電話番号

045-201-2100

開館時間

9:30〜17:00

休館日

月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
年末年始、資料整理日

料金

大人200円 小中学生100円
※毎週土曜日は高校生以下無料

駐車場

 

交通アクセス

電車・バス

みなとみらい線「日本大通り」駅
3番出口から徒歩2分
JR桜木町駅から市営バス「日本大通り駅県庁前」
「大桟橋」下車、徒歩1分

興味マーク

 

URL

http://www.kaikou.city.yokohama.jp/index.htm


横浜開港資料館記事一覧

戊辰戦争と横浜との関わりが、展示資料から見えてくる錦絵、イラスト、写真、古文書など様々な資料を通じて、今から150年前の1868(慶応4/明治元)年の横浜をとらえてみることを狙いとした企画展です。展示室に掲示されていた年表を見ると、1868年の1年間だけであまりにも多くの出来事があり、まさに激動の1年だったことがわかります。全体の流れをつかむのは難しいですが、それでも展示資料から横浜で戦闘が発生し...

恥ずかしい話ですが、私は「開港資料館」と「開港記念館」を耳で聞いただけでは混同してしまい、「どっちがどっちだったかな〜」と迷うことがあります。どちらも場所が近いし、「開港」で始まり「館」で終わる名前だからです。でも現地に行って建物を見れば、一目で区別できます。開港「資料」館といえば、やはり石造りの西洋風の建物、旧館でしょう。かつての英国総領事館で、横浜市指定文化財および経済産業省「近代化産業遺産」...

自分の子供2人がかつてこの展示会で取り上げられている学校(それぞれ別の学校)に通学していたことから興味をもち行ってみました。この展示会は明治初頭に横浜山手に開校した5つのミッション系の女子校の歴史資料を展示するというもので、関東大震災や太平洋戦争等の苦難を乗り越え今日に至るまでの歴史を各校ごとに順を追って資料が展示されていました。各年代の教科書やノート、文房具等の展示もあり、当時の生徒の様子を具体...