神奈川県の横浜人形の家 展覧会 イベント

小学生の夏休み、祖父母が遊びに連れて行ってくれた思い出があります。以前は、みなとみらい線がまだない時代でしたので、横浜そごうの辺りからシーバスに乗り、山下公園で降りて、ちょっとした旅行気分でした。館内は、世界中の沢山の人形がズラリと展示されていました。特に、外国の人形の洋服の凝った刺繍が、子どもの自分にとって、とても魅力的に感じたのを覚えています。その後、数十年経て、何度か訪れる機会がありましたが、いつの間にか、おしゃれなカフェができていました。現代風で、鑑賞後の語らいに良さそうな雰囲気です。大人になって改めて鑑賞してみると、男の子よりも、女の子の方が興味を示す展示内容だと感じました。又、大正昭和世代の大人にとっては、懐かしいと感じられるものが多いような気がします。人形一つにこめられたもの、国や、時代によって、作風に違いがあり、とても興味深いものです。こじんまりとしたミュージアムですが、気軽に立ち寄り、文化の一つとして、永く引き継がれていくといいなと思います。
chopin (30代女性)