高知県立美術館

あまり期待はしていなかったが、それは良い意味で期待を裏切った。彼の取った写真の人物は、たった一枚の写真でも彼らの来歴やその時の感情や時代背景など、幾十もの奥行きが感じられた。まるで写真という密封パッケージに被写体の人物の「今」を封じ込めた、そんな印象を受けるものであった。そんな写真を現像したポートレートも魅力だが、私が一番目を光らせたのは、ipadを使用した写真の展示だ。その中には展示物とは比べ物にならないほどの膨大な写真がデーターとして入っており、閲覧もファイルごとに整理され、その中を見易い様に小さなサムネールが画面に並べられているのだ。その中の一つをチョイスすると、画面一杯にその写真が表示される。その便利さにとても驚いた。なんだか美術館の最新の形を見た気がした。その他にも石元氏のアトリエを再現したブースもあった。これはこれでとても見ていて楽しかった。
By さっちゃん30代女性 掲載2016/2


石元泰博展示室「石元泰博・コレクション展 ポートレート」 (高知県立美術館)関連ページ

2016年1月23日〜3月27日開催「マリメッコ展」 (高知県立美術館)
テキスタイルが半円状にいくつか展示されており、その斬新色使いとデザインが私の目に焼き付いた。近くには原画も飾られていたが、それは意外にも大雑把に描かれており、
第1展示室「シャガール・コレクション展(遥かなる故郷(6)「もの言わずして語る人」」 (高知県立美術館)
印象に残った絵は、シャガールの奥方と悲しむ彼が描かれた絵だった。その絵は油彩で描かれていたのだが、青緑の世界の中に白い奥方の花嫁衣装が
第4展示室「コレクション展 かたちのリズムー抽象表現いろいろ」 (高知県立美術館)
私にとっていくつかは「高度すぎる」ものであった。最初の方に見た展示物は、グラフィックデザインを作る際にとても参考になりそうなデザインではあったが、
マリメッコ展 (高知県立美術館)
マリメッコ歴代のデザイナーが一人一人紹介されていて、その人達のデザイン画や生地&その生地で作った洋服なども展示され