熊本県の美術館・博物館・展覧会

・西洋史と日本史の交差点
 歴史を西洋史を主軸に学んでいると、近代化が進むまで『日本』という国に関わる事がほとんどありません。その中でわずかに西洋史と交わるのが、交易関係とキリスト教の布教に関する項目で、その他は、幕末期に西欧に門戸を開くか否かというあたりで美術史にジャポニズムが花開くまで、歴史の上ではほとんど関りを持っていません。
ルネサンスから宗教改革を経て信徒獲得に乗り出したイエズス会と新規航路開拓をしていた商人が辿り着いたのが、よりによって日本史の中でも長いとは言えない戦国時代だったというのがなんとも面白い。陳腐な言い方をすれば運命のいたずらとも言えると思います。仏教を浸透させるのにもひと悶着あったこの国に、一神教というまったく毛色の違う宗教が関わるのは、何かに縋りたい、救いを求めたいと思うような、混乱期でなければ無理だったのではないかと思います。

 

・ガラシャの結婚
 お市の方やその三人娘等、戦国時代に人生を翻弄された女性達がいますが、ガラシャもその一人だを思います。実父は信長の家臣で出世株の明智光秀、嫁ぎ先の細川藤孝(のちの幽斎)も同じく信長の家臣で文武両道、実情は想像でしかありませんが、戦の他、茶の湯や能など文化・芸術にも造詣の深かった信長にとっては、優れた文化人を側に置くことも一つのステータスだったのではないかと思います。この二人の娘と息子の結婚を命じる事は自らの敵の多さも理解し、家臣たちを結束を深め、離反を防ぐための政略結婚でしょう。しかし本能寺の変が起きます。ガラシャの父、明智光秀は義父の細川藤孝が味方に付くと当然思ったでしょうが、細川家はガラシャを人里離れた山奥に幽閉することで、明智との絶縁を示します。幽閉期間中に子供をもうけている事から、忠興自身は通っていたと思われますが、ガラシャと忠興の結婚生活は2年で途切れてしまいます。この時点で十分悲劇的だと思うのですが、波乱万丈なガラシャの人生のほんの序の口でしかありません。


『細川ガラシャ』展関連ページ

レオナール・フジタとパリ
熊本県の熊本県立美術館の展覧会 レオナール・フジタとパリの情報と記録