細見美術館

京都の岡崎地区にある美術館。前回東京で大人気を博した「春画展」。その展示が京都で行うと知って非常に興味が湧き、行ってきました。18禁の美術展なんて初めてで、どんな方が見に来ているのかにも興味が。嫁を誘い二人でノリノリで行ってみると、入り口は平日の為か並ぶのはチケットを買う一瞬のみ。こんなもんかな〜、と思い中に入ると狭い空間に7割くらい埋まった人・人・人。動きがとりづらく、並んで見て行こうにもどこに並んだらいいのかわからない感じ。なんとなくで並んでショーケースを見て行くことに。18禁というだけあってモロ見えの作品たちが。解説も作品ごとに記されており、画風の着目点も書いてあったりと楽しめて見ることは出来ました。周りを見ると、おちゃんグループ・主婦連・学生グループ?・OL風グループと女性多め。しかし、18歳位のカップルでは来たくないなーと思いました。
By さーと30代男性 掲載2016/2


春画展 (細見美術館)関連ページ

生誕300年伊藤若冲 (細見美術館)
東京で違う展示会の若冲展をやっており、4時間待ちだのと聞いていたので、開館前に行きました。しかし、もう、行列が出来ており焦りました。周りに並んでいる人
世界が先に驚いた 春画展 細見美術館へ行ってきました (細見美術館)
東京の永青文庫で開催された「春画展」が京都に巡回する、とのことで、友達と3人でいくことになり
どういった年齢層、性別の人が春画展 (細見美術館)
さすがに親子連れは見ませんでしたが。まず入館するのにもかなりな行列で入館後もぶらぶら自由に見て回る、というよりも列がそのまま移動していく、
趣味と芸術ー味占郷 (細見美術館)
代表作《海景》を初めて観たのは、かなり昔、雑誌の美術手帖だったように記憶している。その写真の佇まいがとても好きで杉本博司に興味を持つようになった。その後、
細見美術館 杉浦非水杉浦非水 ―モダンデザインの先駆者― (細見美術館)
杉浦非水を全く知りませんでした。名前から日本画家か?と推測していた程度でしたが、「水に非ず」という何か強い意志を思わせる名に惹かれ