細見美術館

春画展という内容なのでどういった年齢層、性別の人が来るのかと思っていたら、女どうし、カップルで、夫婦でなどそこまで普通の展示の時と変わらないように見受けられました。さすがに親子連れは見ませんでしたが。まず入館するのにもかなりな行列で入館後もぶらぶら自由に見て回る、というよりも列がそのまま移動していく、といった感じでした。他の硬派な展覧会よりもやはり人の興味を引くのか、来館者はとても多かったように思います。展示内容が内容だけに、観ながら感想を口にするのは憚れれる雰囲気で、小声でぼそぼそっと、あの女のひとの描き方素敵だねなど会話していました。施設自体が広くはないのでもう少し来館者が少ないだろう平日に訪れたら気楽に見て回れたのかもしれません。展示会を見た時は大体毎回家で飾るポストカードをお土産に買うのですが、選ぶのが難しかったです。ポスターになっていたものはとてもいい構図で、お気に入りです。
Written by ボタン ( 30代女性 )
掲載:2016/8


どういった年齢層、性別の人が春画展 (細見美術館)関連ページ

生誕300年伊藤若冲 (細見美術館)
東京で違う展示会の若冲展をやっており、4時間待ちだのと聞いていたので、開館前に行きました。しかし、もう、行列が出来ており焦りました。周りに並んでいる人
世界が先に驚いた 春画展 細見美術館へ行ってきました (細見美術館)
東京の永青文庫で開催された「春画展」が京都に巡回する、とのことで、友達と3人でいくことになり
春画展 (細見美術館)
前回東京で大人気を博した「春画展」。その展示が京都で行うと知って非常に興味が湧き、行ってきました。18禁の美術展なんて初めてで、
趣味と芸術ー味占郷 (細見美術館)
代表作《海景》を初めて観たのは、かなり昔、雑誌の美術手帖だったように記憶している。その写真の佇まいがとても好きで杉本博司に興味を持つようになった。その後、
細見美術館 杉浦非水杉浦非水 ―モダンデザインの先駆者― (細見美術館)
杉浦非水を全く知りませんでした。名前から日本画家か?と推測していた程度でしたが、「水に非ず」という何か強い意志を思わせる名に惹かれ