細見美術館

細見美術館で開催されていた「春画展」に行ってきました。東京の永青文庫で開催された「春画展」が京都に巡回する、とのことで、友達と3人でいくことになりました。見に行った日は肌寒い日でしたが、入館40分待ちの長蛇の列が美術館の外にまで伸びており、人気の高さが伺えます。並んでいる方々は様々ですが、展示物の関係で子供は不可、中年〜年配層の方が多めでした。そして男性よりも女性の方が多いです。待ち続けてようやく館内へ入ることができましたが、展示室も長蛇の列。かなり混雑しており一つ一つの作品をゆっくり観るのは困難でした。展示は3部屋に分かれており、一方通行です。迫力のある衝立、繊細な技巧を施された浮世絵、さまざまな様式で描かれた春画を堪能することができました。
Written by 星実 ( 30代女性 )
掲載:2016/8


世界が先に驚いた 春画展 細見美術館へ行ってきました (細見美術館)関連ページ

生誕300年伊藤若冲 (細見美術館)
東京で違う展示会の若冲展をやっており、4時間待ちだのと聞いていたので、開館前に行きました。しかし、もう、行列が出来ており焦りました。周りに並んでいる人
どういった年齢層、性別の人が春画展 (細見美術館)
さすがに親子連れは見ませんでしたが。まず入館するのにもかなりな行列で入館後もぶらぶら自由に見て回る、というよりも列がそのまま移動していく、
春画展 (細見美術館)
前回東京で大人気を博した「春画展」。その展示が京都で行うと知って非常に興味が湧き、行ってきました。18禁の美術展なんて初めてで、
趣味と芸術ー味占郷 (細見美術館)
代表作《海景》を初めて観たのは、かなり昔、雑誌の美術手帖だったように記憶している。その写真の佇まいがとても好きで杉本博司に興味を持つようになった。その後、
細見美術館 杉浦非水杉浦非水 ―モダンデザインの先駆者― (細見美術館)
杉浦非水を全く知りませんでした。名前から日本画家か?と推測していた程度でしたが、「水に非ず」という何か強い意志を思わせる名に惹かれ