京都市美術館・展覧会

竹内栖鳳展 近代日本画の巨人

 

平成25年10月22日(火)〜平成25年12月1日(日)
会期中展示替えがあり

 

本館南1F

 

大人1300円(1100) 高大生900円(700) 小中生400円(300)
( )内は20名以上の団体料金
障害者手帳等の提示無料

主催 東京国立近代美術館、日本経済新聞社、NHK、NHKプロモーション
協賛 旭硝子、大伸社

巡回

 

会場 東京国立近代美術館 企画展ギャラリー
会期 2013年9月3日(火)〜10月14日(月)


竹内栖鳳展 近代日本画の巨人関連ページ

若冲の京都 KYOTOの若冲 (京都市美術館)
前売り券を所持していたおかげで待ち時間は無く入場出来たのは 良かったのですが、とにかく列が動かない。見たい絵の前で立ち止まる人が多くメインの 絵をゆっくり見ることも出来ませんで
マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展 (京都市美術館)
特に睡蓮が好きでモネ展へ行きました。最終日とあって外まで続く長蛇の列。美術館内も人が多く一つ一つをじっくりと鑑賞することはできませんでしたが、素晴らしかったです
東京で観られなかったので「モネ展」 (京都市美術館)
案の定の混み具合。とはいえ、東京よりはマシなようで、一応しっかり観られました。モネについてあまり詳しくない為もありますが
いい心遣いだなと ルーブル美術館展 京都市美術館
平日に行ったにも関わらずすごい人でしたが、なんとか間から見る事が出来ました。この美術館のお気に入りな所は、 京都市美術館 住所、電話番号、アクセス、駐車場、料金などの基本的な情報と、展覧会、常設展など、拝観の体験談など。
大好きなアングルが ルーヴル美術館展 京都市美術館
「トルコ風呂」!という事で行列覚悟で行きました。覚悟して行ったんですが、本当に結構な行列で皆さんどうも「トルコ風呂」が目的のご様子 京都市美術館 住所、電話番号、アクセス、駐車場、料金などの基本的な情報と、展覧会、常設展など、拝観の体験談など。
空調設備の故障で数日間展示を休止した後 マグリット展 京都市美術館
たまたまフェイスブックでマグリットの絵を目にしたからです。マグリットという画家がいることさえ知らなかったのですが、複数の男性や岩が空に浮いていたり、非現実な発想がとても 京都市美術館 住所、電話番号、アクセス、駐車場、料金などの基本的な情報と、展覧会、常設展など、拝観の体験談など。
9時のオープンに合わせて ルーブル美術館展 日常を描く-風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄
一見風俗画に見えるものが説明を足すと当時の注意喚起の絵画になる見方が出来て面白かったです。大好きなフェルメールの絵画を見ることも出来 京都市美術館 住所、電話番号、アクセス、駐車場、料金などの基本的な情報と、展覧会、常設展など、拝観の体験談など。
物販も楽しみの一つ マグリット展 京都市美術館
マグリットは、絵に関して疎い私が唯一好きだと胸を張って言える画家です。今回の回顧展は、私がマグリットを好きになってから初めて 京都市美術館 住所、電話番号、アクセス、駐車場、料金などの基本的な情報と、展覧会、常設展など、拝観の体験談など。
パラソフィア 京都市美術館
京都国際現代美術祭パラソフィアに行ってきました。いくつかの拠点と、何人かのアーティストによる芸術祭で 京都市美術館 住所、電話番号、アクセス、駐車場、料金などの基本的な情報と、展覧会、常設展など、拝観の体験談など。
ゴッホ展 空白のパリを追う 京都市美術館
平日でも大変な盛況ぶりでした。展示作品は、数点の特別出品をのぞきファン・ゴッホ美術館所蔵の作品のみで構成されていて、 京都市美術館 住所、電話番号、アクセス、駐車場、料金などの基本的な情報と、展覧会、常設展など、拝観の体験談など。
春の桜の季節に 京都市美術館
美術館前は川がありとても京都らしい風情がありました。春の桜の季節に 京都市美術館での体験 感想 ひなほ 50代 女性
リヒテンシュタイン華麗なる伯爵家の秘宝
京都市美術館 リヒテンシュタイン華麗なる伯爵家の秘宝
バルデュス展
京都市美術館 バルデュス展
初めて本物と出会った!京都美術館、マテス展 (京都美術館)
アンリ、マテス、フランスのピカソに並ぶフォービズムの画家です。そこで最も印象深かったのが、{ダンス}という作品で
子どもも楽しめるように工夫されていたルーブル美術館展(京都市美術館)
ルーブル美術館の展示物が京都で公開されるということで、開催前にコンビニで前売り券を買いました。チケットには日曜祝日は
平成27年度 京都府学校文化・芸術祭 第47回 教育美術展覧会(京都市美術館)
今まで芸術には全く縁のなかった我が家なので、うれしかったですし学校から帰宅してすぐに出かけました。京都駅からバスに乗って岡崎公園まで行ったのですが、まだまだ寒い時期でも美術館の周囲は
マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展 印象 日の出から睡蓮まで(京都市美術館)
「睡蓮」が代表作であること、また日本庭園が好きで自作の庭を作っていたことに親近感をもち、すぐに好きになった